「漫画家のなり方」33

第9章 最初に雑誌に載るまで

雑誌に1作目の掲載を目指している方に向けて本章を書きます。
雑誌掲載がすでに1本かなっている方は、この9章は流し読み的にどうぞ。


   その1 編集者とのやり取りが再度始まる

「また見せて」と言ってくれた編集者に、再度ネームを見せに行き、打ち合わせを開始します。
本章での最終目標は、描いた漫画が雑誌に掲載されることです。
そういえば、描き上げた1作目を新人賞に出した場合、そして「雑誌掲載ではないけれど、受賞」をすることなった場合に関して何も書いていませんでした。
その場合は、賞の選考結果をきっかけにして編集者と縁が持てるはずです。
やはりその次からは完成作品でなく、ネームで見てもらえる、という立場をもらえるはずです。
そこからのプロセスも、同じく本章から始まります。

なによりもまず、編集者にネームを見せに行きます。

そのネームは、最初に編集者と挨拶を交わし、やり取りしたときから、できるだけ短い時間で描き上げて、見せられるとよいです。
編集者が、たくさん抱えている印象の似たような「漫画家志望者」全員を個別に覚えている時間は、それほどは長くありません。むしろあっという間に忘れられます。
自分にとっては「恋人候補」のように見える編集者ですが、相手の編集者にとっては自分は「ものすごくたくさんいる、“愛人候補”のひとり」です。
相手が自分を覚えているうちに、次のネームを見せに行きましょう。


   その2 自分の中の「よいイメージ」を絶対に守り通す

描きたい漫画は、この時点ではまだ自分の中にしか存在しません。
自分の中の、よいイメージ、理想型、それを裏切ってはいけません。
そして、難しいことですが、同じくらい、かたくなになってもいけません。

自分の創りたいものに、編集者はじめ、色々な人が色々なことを言い出し始めます。
有用なこともあれば、ピントのずれた意見もあります。

イメージを守りながら良い形にしてゆくノウハウが身に付いていれば良いのですが、それが未熟な場合、他者の余計な意見を退けながら、良いものは何かを見失わないようにしながら、冷静でいることはたいへん難しいです。

それでも、自分の中にある理想を知っているのは自分だけですし、それを守れるのも自分だけ、多くの他者の「声」の有用無用の取捨選択をできるのも、最終的に自分だけです。

その大切なところを、「こんなもんだろう」といちどでも妥協してしまっては、そのあとももう、なし崩しの妥協の連続になります。
「こんなもんだろう」と思ってしまった時点で、出来上がるものは、「そんなもん」になり、それ以上にはなりえません。

そうやって、誰が作っても同じ、非難もされなければ感心もされない、毒にも薬にもならない、無意味なものが出来上がってしまいます。他人の心に届くものには、永遠になりえません。

この時期は、漫画家になろうという段階の中でも、とりわけ困難で大事な時期のひとつです。
それゆえに、自分の中にある理想型を絶対に見捨ててはいけません。
「描きたいもののイメージ」を守り通してください。守り通し方を、試行錯誤して見つけ出して下さい。

同時に、ひときわ難しいのは、
「しかし、かたくなになってもいけない」ということでもあります。


   その3 よい打ち合わせとは?

編集者と打ち合わせをします。
プロの連載作家になれば、編集者は漫画家の自宅や仕事場に打ち合わせにきてくれますが、この時点では、出版社の編集部や、出版社の近くの喫茶店やファミレスで待ち合わせをして、そこで打ち合わせをするのが普通です。
喫茶店やファミレスの代金は、通常は編集者が会社の経費として立て替えて支払ってくれます。
しっかり「ごちそうさま」とお礼を述べて下さい。

打ち合わせ以前に、編集者に連絡し、ネームを見せる、打ち合わせをする約束を取り付けます。
後述しますが、この作業で気後れしないで下さい。
「しつこいと、イヤがられるかな」とか、編集部への電話は緊張する、とか、色々ありますが、ここで気後れしていては、何も始まりません。
この時点の自分の「しつこさ」など、プロのしつこさに較べれば屁みたいなものだったということは、あとでわかるばかりです。
気後れに、なんの利点もありません。

さて。
良い打ち合わせは、自分なりの言い方で、定義出来ます。

打ち合わせ相手とのちょうど真ん中の空間に、出来上がりのネームがもう存在しているかのようなやりとり。
「知っている漫画」について、「あそこの場面がいいよね」「あのキャラクターのあのセリフが・・・」と話すのと同じように、「もう存在している漫画」であるかのように話せるくらいに、漫画の完成形のイメージが浮かんでくる打ち合わせ。

「キャラクター」の話であれば、実在の知り合いの面白い話をしているみたいにそのキャラクターの存在感を感じられる打ち合わせ。

あとはもう自分が、実際のネームを描くだけ。
というか、自分が描かないと、この世にその漫画が出てこないから、もう、しょうがないから自分が描く。

そういう風になるのが、よい打ち合わせです。


   その4 打ち合わせを何となく持ち帰らない

編集者との一回の打ち合わせの時間の価値は、換算するならば1万円~数万円になるはずです。
根拠もあれこれありますが、長くなるので、まあ、置いておきます。

いずれにしても、それで給料を手にしている編集者が仕事として、そして漫画家になりたい自分自身も、自分の作品をお金に換えたい、そのプロセスの大事な時間として、向き合います。

その時間には、お金がかかっています。

その打ち合わせの場から、何かが生み出されなければ、お金に換えられる打ち合わせにはなりません。

で、編集者は実際には漫画を描けないので、・・・

あ。ここで急に思い出し、話をそらします。
編集者はもちろん漫画好きで、その中には、漫画を描いていた経験がある人もいて、まあ、なかなか画がお上手な人もいらっしゃるようなのです。
そうした人の中に、うっかりこのようなことを口走る編集者がいます。
「まあオレも、漫画描こうと思えば描けるんだよね」(実話)

オレも編集者の仕事、やろうと思えば出来るんスよ!!

・・・言わない言わない。思っても、言っちゃダメよ。

あ。戻ります。
で、編集者は実際には漫画を描けないので、編集者の武器は、話し言葉と文章です。
論理的に話をする。思考を言語化する。同じく文章化する。
編集者のそうした能力はやはり素晴らしいです。

そして、最初は編集者の言葉に圧倒されもします。
聞けば、たいへんにスジが通っていますし、理にかなったアイディアや代案を次々に出してくれもします。
なにしろ経験値が違います。
何となく、聞いているうちに、もっともな気がしてくるのです。
「ああ、ひとまず聞いておいて、ウチに持ち帰って、あとからゆっくり反芻して、そして、ネームを直そう」
と思うかも知れません。

そのような思いで、ウチに持ち帰ってはいけません。

漫画は、「対話」から生まれます。
自己と自己との対話。
自己と編集者の対話。
自己と想定読者との対話。
そうした対話から、すり減り、傷つき、自問自答をしながら、漫画を磨いて行きます。

決して、内容への「注文」や、言われたことの「持ち帰り」からは、生きた漫画、人の人生に影響を与える漫画、自分を世界の混沌から救い上げてくれる漫画は、生まれません。

なんとなく、もっともそうな気がしたので持ち帰る、そのあとで、
「・・・???、よく考えたら、まったく納得がいかない。これではとても描けない」
という気持ちになることは、多々あります。

「納得がいかない。そう思う自分が間違っているのだろうか?」
間違っていません。

間違いは、納得したつもりで持ち帰ってきてしまったことです。

そうやって持ち帰ってきてしまうと、打ち合わせで編集者の言った通りの直しで描き直せない限り、編集者にまた連絡をしてネームを見せに行くことが出来にくくなってしまいます。
そうやって、アタマを抱えて、描き直すこともできず、編集者に見せにいくことも出来ず、という情けない時間が過ぎます。

また、締め切りがないので、いくらでも悩めるのが問題で、面白いように時間が過ぎて、どんどん「自分ってダメな奴・・・」になってきます。

打ち合わせのその場で、異議申し立てをし、意見の交換をし、代案の提出を出来るようになり、
「対話」でネームを作れるようになって下さい。

言葉の訓練は必要です。
ただ単に、感情的に「納得がいかない」という表明だけでは、「対話」は生まれません。
どれだけ拙い言葉でも良いから、自分の言葉で話を出来るように試み始めて下さい。

確かに、その拙さに付け入って、相手に攻め込んでしまう編集者もいます。
けれど、拙くても、相手が自分の言葉で話すのを待っている編集者も、もちろんいます。

その場で「まだ見ぬ漫画。けれど実在するリアリティを備えた漫画」が、ふたりの間にポカンと浮かぶような打ち合わせの仕方を築き上げて下さい。


   その5 直せと言われたら、その場ででも直すつもりで

打ち合わせをして、ネームを「直す」ことになれば、「わかりました」と言って、その場を去りますね?

次、その直したネームをいつ持ってくるか、約束をちゃんとしましたか?

編集部の隣のブースで、他の新人さんが、持ち帰らずに、「今、この場で直します」と言ってネームを直し始めることはないでしょうか?

プロの漫画家さん、週刊連載の漫画家さんは、「わかりました。では」と言って、その場でネームを直します。
時間がないので。
あるいは電話で打ち合わせをして、そのまま電話口でネームを直し、電話を切るなり直したネームのファクスをします。
時間がないので。

そうした人々に負けない目立ち方とクオリティで、ネームの直しのペースを身に付ける必要があります。


←前の項を読む続きの項を読む→

ブロマガ【東京脱出】

ブロマガ価格:¥ 715(ひと月分につき)

紹介文:【東京離脱】は、ひと月分の記事を715円で購読出来ます。
2011年「3月分」と「6月分」そして7月以降の分をすべて「7月分」としてアップしています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

「漫画家のなり方」おすすめ文献

複数エントリーをひとつの
エントリーにまとめ
おすすめ文献
してみました
根拠をもっておすすめできる
漫画の技法書等をご紹介しています

著作(試し読み可能)

電子書籍サイトeBookJapan 漫画onWebにて多くのページを試し読みしていただけます。ご購入検討の方はどうぞご覧ください。

「水使いのリンドウ」
全3巻


「Dust to Dust
~はじめの1000マイル~」

作品コメントはこちら

「九段坂下クロニクル」

現存する、九段下ビルと呼ばれる建物をモティーフにしたオムニバス
作品コメントはこちら

「モーティヴ ー原動機ー」
シリーズ 既刊0巻~4巻

「日本沈没」
全15巻


「ダービージョッキー」
文庫版全11巻
ヤンサンコミックス版全22巻

最新記事

ツイッター

よく読まれる記事

漫画家のなり方
継続中。長い長い。「第0章」よりどうぞ。下に目次一覧もあります。

  

「漫画家のなり方」
  目次一覧

第0章 はじめに

/その1 「漫画家のなり方」を書くことについて

/その2 もうひとつの 本論の執筆動機



第1章 漫画雑誌の終焉

/その1 漫画雑誌はもう・・・


/その2 なぜ雑誌をなくせないのか

/その3 漫画雑誌が果たしていた役割
//1 雑誌で必ず毎回新作漫画が読めた
//2 漫画の週刊生産は困難なのか?

//3 漫画家に締め切りを与えることができた
//4 編集者自身が果たしていた役割
//5 デザインや製版 もろもろの作業のコストと労力を雑誌が負ってくれていた
//6 作画アシスタントの紹介をしてもらえた

/その4 漫画に必要な様々なことをどのように確保するのか


第2章 「紙の雑誌に代わるもの」の可能性

/その1 「インターネット」「ウェブ」というシステムについて

/その2 既存の大企業がうまくいっていないようにみえること

/その3 インターネットは個人のメディア そして漫画も



第3章 制作費や原稿料や著作権や契約書のこと

/その1 原稿料は 漫画の制作費なのか?
//1 制作にかかるお金
//2 原稿料とは? その他必要なお金のことも
//3 誰も 「原稿料だけではやっていけない」と教えてくれなかった
//4 「二次使用」で得られる(かもしれない)お金


/その2 漫画の制作費は どこがどのように出すのか?

/その3 「契約書」には しっかりと目を通して下さい

/その4 著作権の知識を身につけましょう

/その5 ならば漫画はもう分業でもよいか?


第4章 再度 本論執筆にあたり

/その1 「無駄に過ぎ去る日々」と「なんとか積み重なる日々」の違いについて

/その2 漫画家になりたいのに、なれない人が多すぎる
//1 なにかが間違っているのではないか?
//2 余裕あんなぁ みんな/「才能神話」に飛び蹴りを


/その3 「姿勢」について 技術論以外のすべてのこと

/その4 キミには才能はある! あとはモノを考えるだけ

/その5 漫画家になりたいと思う前提として


第5章 “漫画家”になるのか、“漫画を好き”でいるのか

/その1 漫画を好きでいるための みっつの方法

/その2 ひとつめの方法 読者でいること

/その3 ふたつめの方法 趣味で漫画を描くこと


/その4 漫画家の定義

/その5 みっつめの方法 漫画家になる とりあえずおすすめできません

/その6 それでも“漫画家になりたい”と思ってしまった人へ



第6章 技術論としてのおすすめ文献 10プラス1
/1 「マンガの創り方 誰も教えなかったプロのストーリーづくり」
/2 「石ノ森章太郎のマンガ家入門」
/3 「快描教室 マンガの悩みを一刀両断!!」ほか 菅野 博士(菅野 博之)さんの漫画技術関係の著作
/4 「ベストセラー小説の書き方」
/5 「書きたい!書けない!なぜだろう? 」(夢を語る技術シリーズ)
/6「ファンタジーの文法 物語創作法入門」 (ちくま文庫) 著者/ジャンニ・ロダーリ 窪田 富男(訳)
/7 「映像の原則 ビギナーからプロまでのコンテ主義」(キネ旬ムック) (単行本)
/8 宮崎駿さんの絵コンテ
/9 「新インナーゲーム 心で勝つ!集中の科学」
/10 本論「漫画家のなり方」
/11 あらゆる長編ストーリー漫画単行本の第1巻と長編ストーリー漫画作家の読み切り漫画の短編集
/12 文献を読んでいただくにあたって


第7章 漫画家に なりたい人 なる人 なれない人 ならない人

/その1 なりたい人

/その2 「本当に苦しい」段階を経て、「なる人」になります


/その3 漫画家になれない人
//1 あいさつが出来ない 目を見て話が出来ない
//2 知識の多さだけで自信をもってしまっている
//3 批判することで自己形成してしまっている
//4 手数より口数が多くなっている

//5 ブログで、好き勝手に「ネガ」をひけらかしている
//6 漫画以外の「好きなこと」をひけらかしている
//7 「タダでもいいから載せて欲しい」と言ってしまう その発想は地獄の門の入り口 それを口にしてしまうことは仕事をする者として万死に値する
//8 プロですらないのに「自分がやりたいのはこのジャンルだけ」と言ってしまう


~インターミッション~
/著作権の文献 ご紹介


//9 明日もやはり描かない
//10 こんなに描いたのになぜダメなんだ、と言ってしまう
//11 例えば、絵がうまい 絵がうまいだけ
//12 昨日/先月/去年を思い返してみて、何にも変わっていない

//13 何にも変わっていないことを、自分以外の何かのせいにしてしまう
//14 感情をあらわにしすぎる
//15 やせ我慢が出来ない
//16 「こんなこと、漫画家になれるかどうかとは関係ないでしょ!?」と思ってしまう 口にしてしまう
//17 「わかってるよ そんなこと」と思ってしまう 口にしてしまう
//18 “載らないと死んでしまう、読んでもらえないと生きてゆけない” というわけではない人


/その4 ならない人

/その5 年齢について


第8章 最初の漫画 最初の1作を描いてみる

/その1 とにかく描き上げる

/その2 嵐のように襲い来る、万能感と無力感

/その3 恐怖 「描き上げたくない病」


/その4 誰も言っていないのに、勝手にダメだとか言わない

/その5 完成 おめでとう!

/その6 ホントにその第1作目の漫画は、素晴らしい。ステキです。

/その7 他人に見せる 出版社、漫画雑誌編集部に持ってゆく


/その8 編集者のどんな対応にもビックリしない

/その9 そのまま雑誌に載る場合

/その10 何作か描いて、雑誌に載る場合


/その11 付記 「ネーム」とは?


第9章 最初に雑誌に載るまで

/その1 編集者とのやり取りが再度始まる

/その2 自分の中の「よいイメージ」を絶対に守り通す

/その3 よい打ち合わせとは?

/その4 打ち合わせを何となく持ち帰らない

/その5 直せと言われたら、その場ででも直すつもりで


/その6 編集者とのやりとり しっかりね

/その7 感情を荒げる利点は少ない

/その8 転んだ時にタダで起き上がっていては 死にます

/その9 ここでも嵐のように襲い来る、万能感と無力感

/その10 雑誌に掲載されていることをイメージする

/その11 ここでも、とにかく描き上げる


/その12 最初に雑誌に載る、いくつかのパターン そのことにどうしても言及したい いくつかも含めて

インターミッション 2
/デジタルとコンピュータのこと おすすめの本


インターミッション 3
/良い本が どんどん在庫切れや絶版だ 絶句



第10章 雑誌に1本載った ここから先に進む時の覚悟

/その1 まだ、本論の定義での「プロ」ではありません

/その2 ブログ 連絡手段の必須として


/その3 喜んで席を譲る連載作家はいません サバイバルだぜ

/その4 速く たくさん 描くことでしか手に入らないことがある

/その5 描きたいペース 描きたいスタイル


/その6 プロになって そののち10年後もプロでありたいかどうか

/その7 死守するものを定める


/その8 雑誌の枠内やジャンルの枠内で作風をつくってしまう危険について


第11章 プロになりたいと思う かどうか

/その1 自分の「名」で「生き死に」をしようと思うかどうか

/その2 「エンターテインメント」の、日本語訳 わかりますか?


/その3 読み手のために漫画に仕えることと それが自分のためであることの一致

/その4 不安なのは、みな、同じです


~インターミッション 4~

/その5 アシスタントについて またはプロ以前の時代について

/その6 “漫画家のアシスタント”は “不本意”だが“みじめ”ではない


/その7 付記 漫画家がアシスタントに手伝ってもらうということ


第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

/その1 生きてその仕事場を出る


/その2 ものを考えましょう 人に自分を委ねてはならない

~インターミッション5 おすすめ文献 さらに~
/一冊目 「人体のしくみ」
/二冊目 「ブックデザイン」
/三冊目 「デザインの自然学」


/その3 いちど自分のいままでのスタイルがすべて崩れます ビックリしないように

/その4 モノとお金以外のすべてを盗む

/その5 漫画家さんの振る舞いの全ては参考になる とにかく学ぶ

/その6 他者の作品制作に全霊で仕え、力は使い切り、しかし疲れずに帰る

/その7 漫画/漫画雑誌をたくさん読む 好き嫌いや批判を脇において

/その8 仕事場で我を出さない 感情で仕事場の空気を揺らさない その仕事場の空気はタダじゃねえぞ

/その9 自分の不満の表明のためにふてくされてはならない

/その10 人の漫画の手伝いをして、漫画を描いた気にならないようにする

/その11 仕事の合間は「お休み」ではないです 漫画を描く 描く準備をする

/その12 月に2本以上ネームを描いてください

/その13 漫画家は、ホームを通過する特急電車 アシスタントはホームに立つ人

/その14「引き出しを増やす」のウソ 脳の「インプット」と「アウトプット」について

/その15 代案を出せて初めて「批判」と言える

/その16 否定の言葉でしゃべらない タメ息などつかない しゃべりすぎて気持ちよくなっちゃったらいけない

/その17 自分を大きく見せてもしかたない(尊大さのワナに気をつける)

/その18 自己卑下のワナに気をつける(小さく見せてもしかたない)

/その19 編集者/雑誌/読み手をバカにした時点で、バカは自分です

/その20 テレビが「表現媒体」ではなく「広告」であることについて

/その21 幸せそうな人を 「幸せそうでいいよね」と思う想像力の欠如と決別する

/その22 死なない程度に、たくさん恥をかき、傷付いていい

/その23 アシスタント時代に太ったりやせたり眠れなくなったり腰痛になったり 心や体を悪くしている場合ではないです

/その24 目くそ鼻くそ同士でギスギスしない

/その25 アシスタント仲間をライバルにしない 仮想敵は少し高めに設定する

/その26 アシスタント仲間を戦友にする 孤立してはならない

/その27 「プロのアシスタント」について

/その28 漫画家の重力 人の仕事場の引力

/その29 漫画家の寝首を掻く(ホントに殺しちゃダメだよ)

/その30 いま 「どうぞ連載を」と言われたら 自分自身のようなスタッフに手伝ってもらって 月に1本 週に1本 漫画原稿を仕上げられますか?

/その31 いま描いている漫画やネームは そのまま雑誌に載って 他の作品と渡り合えますか?

/その32 少し余談 今だからこう書ける 許してあげて欲しい「漫画家の挙動不審」あれこれ

/その33 仕事場を辞めること あ、それから、お金ありますか?


第13章 絶対に漫画家になれる「漫画家のなり方」教えちゃいます


番外編 印刷会社さんに「社会科見学」(また長文です)

○タイトル○

○タイトル○

○タイトル○

検索フォーム