スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再録3「加藤大治郎選手のこと」(オリジナルのアップは2004年1月21日)

 それなりの時間が過ぎれば、少し冷静につづることも出来るかもしれない、と思っていましたが、そういうものでもないみたいです。
 「加藤大治郎」という名前をご存じない方はいますか?オートバイの世界選手権の最大排気量クラス/MOTO GPに出場していた選手です。2003年4月6日、世界選手権の開幕戦だった日本グランプリ、鈴鹿サーキットでの決勝レースにおいてクラッシュ、意識不明の重体のまま、4月20日未明に亡くなりました。ご本人のプロフィールや、事故の詳細等は、様々な所で触れることが出来ると思うので、ここではことさら詳しく述べることはしないでおきます。
 ただ、「今だ叶わない、“最大排気量クラスでの日本人初の世界チャンピオン”」に一番近い位置にいた人だと思っていただいて間違いないです。
 その実力が、世界チャンピオンを獲るに見合っていたし、彼の走りは観る物を引き寄せたし、またそれ以上に彼の人柄が多くの人を惹き付けていたのだなあ、と今思うと改めて解ります。そんな人です。
 

 GPに夢中になってからずっと(といっても10年程ですが)、鈴鹿サーキットでの日本グランプリは欠かさずに観に行っていました。冗談のように貧乏な時も、冗談のように締め切りが迫っていた時もずっと。
 2003年に限り、どうしても海外に出かける用事と重なってしまい、初めて鈴鹿行きをあきらめることにしました。ビデオの録画予約はしたけれど、可能なら出先のヨーロッパで生中継を観よう、と考えていました。ヨーロッパでは、鈴鹿のレースのライブ放送は早朝になります。
 その朝は、フランスのロアンヌという町の近くの、小さな町にいました。何とか朝早く起きて、「ユーロスポーツ」をつけると、MOTO GPの決勝レースが始まっていました。決勝レースの4周目に入ったばかりのようで、「良かった、間に合った」という感じでテレビを見始めたのです。
 今思えばそれは、テレビをつけたのは、大治郎の事故の映像がほんの一瞬だけ流れた、本当にその直後でした。
 やがて、何人かの選手が既に走っていないらしいとわかったこと、その中で「ああ大治郎も走っていないや」と思ったこと、しばらく後にサーキットを飛び立つヘリコプターが画面に映ったこと(誰かがシリアスなダメージを負ったことを意味します)、けれどレースは進行し、スケジュール通りに終了し、特にそれ以上の情報もないまま放送は終了し、何とも言えない違和感だけが残ってテレビを消しました。
 それから何日かの間にヨーロッパの各地で新聞を読んで行く中で、ようやく「大治郎が命に関わる重傷らしい」と理解しました。
 
 例年通りに鈴鹿サーキットに観戦に行っていたならば、どうたったろう?・・・と自問する所で、思考はいつも停止します。
 欠かさず観戦に行っていたのにこの年のレースに限り観に行かなかった。地球の反対側でのライブ放送のスイッチを入れたのさえ事故の一瞬あとだった。
 もちろん鈴鹿で生で観戦していても、僕は観客のひとりに過ぎないし、普通の意味での当事者たり得た訳ではありません。
 それでも、普通に(僕が)あるべきだった位置よりも、出来事から遠いのです。「遠ざけられた」、という感覚がよぎっては消え、します。
 
 僕は、「このことについて、考えることをやめない」ようにする為にこうなったのではないかと、自分で思うことにしていつも思考を再開します。
 
 オートバイの漫画を描いている為に、多くのホンダのライダーの皆さんと言葉を交わす貴重な機会に恵まれました。それは、「大治郎が生きていれば、間違いなく彼もここにいたはず」、といった場です。そこで聞かせてもらう大治郎の沢山のエピソードは、より彼を身近な存在として感じさせてくれます。なんだかまるで、皆で話しているそのテーブルに彼も居て、「ちょっとトイレに行ってきます」と言って席を離れているだけ、というみたいに。
 その、「あらかじめ失われている身近さ」と、「事故の瞬間に対する自分の遠さ」が、どうにも奇妙な感覚として残ります。それが、時間が過ぎる程に、薄れるどころかより強く心に根付いてくるのです。
 
 『モーティウ゛』の単行本第1巻の巻末に書いたように、加藤大治郎というスポーツ選手の死が、日本の中でこの程度の扱いでしかなかったことは、不幸で、不当です。オートバイそしてモータースポーツそして「スポーツ」が本当に根付いている国ならば、国葬レベルの衝撃に見舞われていたはずです。
 大治郎の死に関して、僕は個人的には「自分も死ぬまでオートバイに乗り続けよう」と決意することでひとつのくくりをつけることにしました。それは、あの出来事を僕は「大治郎は死ぬまでオートバイに乗り続けた」ということとして飲み込もうとしているからです。
 
 「このことについて、考えることをやめない」でい続けます。僕はこのコラムを読んでいただいている身である以上は、漫画家であるので、「大治郎の死という出来事」と「自分が漫画を描いている者であること」は無関係ではありません。
 大治郎を愛していた多くの身近な方が、それぞれの中に「今も生きているだいちゃん」を大切にしています。僕はもちろんそうしたあり方には遠く及ばないのだけれど、彼から確実に何かを「もらった」覚えがある身として、少なくともその分に報いることは忘れないようにしたいと思います。
 
 「加藤大治郎の死」を前にして、当たり前ですがもちろん悲しかったし、悔しかったし、怒ったし、虚しかったし。けれどもそうした「苦しさ」は、当然ながら僕などよりももっと近いかたが、より多く背負っていることです。
 だから僕は、「どうやって報いようか」「どうやってお返しをしようか」という思いだけを強く残し続けたいと考えるようにします。
 
 すでに二度と言葉を交わすことの叶わない人に報いるなんて、ものすごく大変なことだとは思うのだけれど。
 
 
 生前にそう呼んでいた/書いていたはずの呼び方にさせていただきました。加藤大治郎さんの関係者及びご家族の皆様には、失礼をお許しいただきたく存じます。
 

ブロマガ【東京脱出】

ブロマガ価格:¥ 715(ひと月分につき)

紹介文:【東京離脱】は、ひと月分の記事を715円で購読出来ます。
2011年「3月分」と「6月分」そして7月以降の分をすべて「7月分」としてアップしています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

「漫画家のなり方」おすすめ文献

複数エントリーをひとつの
エントリーにまとめ
おすすめ文献
してみました
根拠をもっておすすめできる
漫画の技法書等をご紹介しています

著作(試し読み可能)

電子書籍サイトeBookJapan 漫画onWebにて多くのページを試し読みしていただけます。ご購入検討の方はどうぞご覧ください。

「水使いのリンドウ」
全3巻


「Dust to Dust
~はじめの1000マイル~」

作品コメントはこちら

「九段坂下クロニクル」

現存する、九段下ビルと呼ばれる建物をモティーフにしたオムニバス
作品コメントはこちら

「モーティヴ ー原動機ー」
シリーズ 既刊0巻~4巻

「日本沈没」
全15巻


「ダービージョッキー」
文庫版全11巻
ヤンサンコミックス版全22巻

最新記事

ツイッター

よく読まれる記事

漫画家のなり方
継続中。長い長い。「第0章」よりどうぞ。下に目次一覧もあります。

  

「漫画家のなり方」
  目次一覧

第0章 はじめに

/その1 「漫画家のなり方」を書くことについて

/その2 もうひとつの 本論の執筆動機



第1章 漫画雑誌の終焉

/その1 漫画雑誌はもう・・・


/その2 なぜ雑誌をなくせないのか

/その3 漫画雑誌が果たしていた役割
//1 雑誌で必ず毎回新作漫画が読めた
//2 漫画の週刊生産は困難なのか?

//3 漫画家に締め切りを与えることができた
//4 編集者自身が果たしていた役割
//5 デザインや製版 もろもろの作業のコストと労力を雑誌が負ってくれていた
//6 作画アシスタントの紹介をしてもらえた

/その4 漫画に必要な様々なことをどのように確保するのか


第2章 「紙の雑誌に代わるもの」の可能性

/その1 「インターネット」「ウェブ」というシステムについて

/その2 既存の大企業がうまくいっていないようにみえること

/その3 インターネットは個人のメディア そして漫画も



第3章 制作費や原稿料や著作権や契約書のこと

/その1 原稿料は 漫画の制作費なのか?
//1 制作にかかるお金
//2 原稿料とは? その他必要なお金のことも
//3 誰も 「原稿料だけではやっていけない」と教えてくれなかった
//4 「二次使用」で得られる(かもしれない)お金


/その2 漫画の制作費は どこがどのように出すのか?

/その3 「契約書」には しっかりと目を通して下さい

/その4 著作権の知識を身につけましょう

/その5 ならば漫画はもう分業でもよいか?


第4章 再度 本論執筆にあたり

/その1 「無駄に過ぎ去る日々」と「なんとか積み重なる日々」の違いについて

/その2 漫画家になりたいのに、なれない人が多すぎる
//1 なにかが間違っているのではないか?
//2 余裕あんなぁ みんな/「才能神話」に飛び蹴りを


/その3 「姿勢」について 技術論以外のすべてのこと

/その4 キミには才能はある! あとはモノを考えるだけ

/その5 漫画家になりたいと思う前提として


第5章 “漫画家”になるのか、“漫画を好き”でいるのか

/その1 漫画を好きでいるための みっつの方法

/その2 ひとつめの方法 読者でいること

/その3 ふたつめの方法 趣味で漫画を描くこと


/その4 漫画家の定義

/その5 みっつめの方法 漫画家になる とりあえずおすすめできません

/その6 それでも“漫画家になりたい”と思ってしまった人へ



第6章 技術論としてのおすすめ文献 10プラス1
/1 「マンガの創り方 誰も教えなかったプロのストーリーづくり」
/2 「石ノ森章太郎のマンガ家入門」
/3 「快描教室 マンガの悩みを一刀両断!!」ほか 菅野 博士(菅野 博之)さんの漫画技術関係の著作
/4 「ベストセラー小説の書き方」
/5 「書きたい!書けない!なぜだろう? 」(夢を語る技術シリーズ)
/6「ファンタジーの文法 物語創作法入門」 (ちくま文庫) 著者/ジャンニ・ロダーリ 窪田 富男(訳)
/7 「映像の原則 ビギナーからプロまでのコンテ主義」(キネ旬ムック) (単行本)
/8 宮崎駿さんの絵コンテ
/9 「新インナーゲーム 心で勝つ!集中の科学」
/10 本論「漫画家のなり方」
/11 あらゆる長編ストーリー漫画単行本の第1巻と長編ストーリー漫画作家の読み切り漫画の短編集
/12 文献を読んでいただくにあたって


第7章 漫画家に なりたい人 なる人 なれない人 ならない人

/その1 なりたい人

/その2 「本当に苦しい」段階を経て、「なる人」になります


/その3 漫画家になれない人
//1 あいさつが出来ない 目を見て話が出来ない
//2 知識の多さだけで自信をもってしまっている
//3 批判することで自己形成してしまっている
//4 手数より口数が多くなっている

//5 ブログで、好き勝手に「ネガ」をひけらかしている
//6 漫画以外の「好きなこと」をひけらかしている
//7 「タダでもいいから載せて欲しい」と言ってしまう その発想は地獄の門の入り口 それを口にしてしまうことは仕事をする者として万死に値する
//8 プロですらないのに「自分がやりたいのはこのジャンルだけ」と言ってしまう


~インターミッション~
/著作権の文献 ご紹介


//9 明日もやはり描かない
//10 こんなに描いたのになぜダメなんだ、と言ってしまう
//11 例えば、絵がうまい 絵がうまいだけ
//12 昨日/先月/去年を思い返してみて、何にも変わっていない

//13 何にも変わっていないことを、自分以外の何かのせいにしてしまう
//14 感情をあらわにしすぎる
//15 やせ我慢が出来ない
//16 「こんなこと、漫画家になれるかどうかとは関係ないでしょ!?」と思ってしまう 口にしてしまう
//17 「わかってるよ そんなこと」と思ってしまう 口にしてしまう
//18 “載らないと死んでしまう、読んでもらえないと生きてゆけない” というわけではない人


/その4 ならない人

/その5 年齢について


第8章 最初の漫画 最初の1作を描いてみる

/その1 とにかく描き上げる

/その2 嵐のように襲い来る、万能感と無力感

/その3 恐怖 「描き上げたくない病」


/その4 誰も言っていないのに、勝手にダメだとか言わない

/その5 完成 おめでとう!

/その6 ホントにその第1作目の漫画は、素晴らしい。ステキです。

/その7 他人に見せる 出版社、漫画雑誌編集部に持ってゆく


/その8 編集者のどんな対応にもビックリしない

/その9 そのまま雑誌に載る場合

/その10 何作か描いて、雑誌に載る場合


/その11 付記 「ネーム」とは?


第9章 最初に雑誌に載るまで

/その1 編集者とのやり取りが再度始まる

/その2 自分の中の「よいイメージ」を絶対に守り通す

/その3 よい打ち合わせとは?

/その4 打ち合わせを何となく持ち帰らない

/その5 直せと言われたら、その場ででも直すつもりで


/その6 編集者とのやりとり しっかりね

/その7 感情を荒げる利点は少ない

/その8 転んだ時にタダで起き上がっていては 死にます

/その9 ここでも嵐のように襲い来る、万能感と無力感

/その10 雑誌に掲載されていることをイメージする

/その11 ここでも、とにかく描き上げる


/その12 最初に雑誌に載る、いくつかのパターン そのことにどうしても言及したい いくつかも含めて

インターミッション 2
/デジタルとコンピュータのこと おすすめの本


インターミッション 3
/良い本が どんどん在庫切れや絶版だ 絶句



第10章 雑誌に1本載った ここから先に進む時の覚悟

/その1 まだ、本論の定義での「プロ」ではありません

/その2 ブログ 連絡手段の必須として


/その3 喜んで席を譲る連載作家はいません サバイバルだぜ

/その4 速く たくさん 描くことでしか手に入らないことがある

/その5 描きたいペース 描きたいスタイル


/その6 プロになって そののち10年後もプロでありたいかどうか

/その7 死守するものを定める


/その8 雑誌の枠内やジャンルの枠内で作風をつくってしまう危険について


第11章 プロになりたいと思う かどうか

/その1 自分の「名」で「生き死に」をしようと思うかどうか

/その2 「エンターテインメント」の、日本語訳 わかりますか?


/その3 読み手のために漫画に仕えることと それが自分のためであることの一致

/その4 不安なのは、みな、同じです


~インターミッション 4~

/その5 アシスタントについて またはプロ以前の時代について

/その6 “漫画家のアシスタント”は “不本意”だが“みじめ”ではない


/その7 付記 漫画家がアシスタントに手伝ってもらうということ


第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

/その1 生きてその仕事場を出る


/その2 ものを考えましょう 人に自分を委ねてはならない

~インターミッション5 おすすめ文献 さらに~
/一冊目 「人体のしくみ」
/二冊目 「ブックデザイン」
/三冊目 「デザインの自然学」


/その3 いちど自分のいままでのスタイルがすべて崩れます ビックリしないように

/その4 モノとお金以外のすべてを盗む

/その5 漫画家さんの振る舞いの全ては参考になる とにかく学ぶ

/その6 他者の作品制作に全霊で仕え、力は使い切り、しかし疲れずに帰る

/その7 漫画/漫画雑誌をたくさん読む 好き嫌いや批判を脇において

/その8 仕事場で我を出さない 感情で仕事場の空気を揺らさない その仕事場の空気はタダじゃねえぞ

/その9 自分の不満の表明のためにふてくされてはならない

/その10 人の漫画の手伝いをして、漫画を描いた気にならないようにする

/その11 仕事の合間は「お休み」ではないです 漫画を描く 描く準備をする

/その12 月に2本以上ネームを描いてください

/その13 漫画家は、ホームを通過する特急電車 アシスタントはホームに立つ人

/その14「引き出しを増やす」のウソ 脳の「インプット」と「アウトプット」について

/その15 代案を出せて初めて「批判」と言える

/その16 否定の言葉でしゃべらない タメ息などつかない しゃべりすぎて気持ちよくなっちゃったらいけない

/その17 自分を大きく見せてもしかたない(尊大さのワナに気をつける)

/その18 自己卑下のワナに気をつける(小さく見せてもしかたない)

/その19 編集者/雑誌/読み手をバカにした時点で、バカは自分です

/その20 テレビが「表現媒体」ではなく「広告」であることについて

/その21 幸せそうな人を 「幸せそうでいいよね」と思う想像力の欠如と決別する

/その22 死なない程度に、たくさん恥をかき、傷付いていい

/その23 アシスタント時代に太ったりやせたり眠れなくなったり腰痛になったり 心や体を悪くしている場合ではないです

/その24 目くそ鼻くそ同士でギスギスしない

/その25 アシスタント仲間をライバルにしない 仮想敵は少し高めに設定する

/その26 アシスタント仲間を戦友にする 孤立してはならない

/その27 「プロのアシスタント」について

/その28 漫画家の重力 人の仕事場の引力

/その29 漫画家の寝首を掻く(ホントに殺しちゃダメだよ)

/その30 いま 「どうぞ連載を」と言われたら 自分自身のようなスタッフに手伝ってもらって 月に1本 週に1本 漫画原稿を仕上げられますか?

/その31 いま描いている漫画やネームは そのまま雑誌に載って 他の作品と渡り合えますか?

/その32 少し余談 今だからこう書ける 許してあげて欲しい「漫画家の挙動不審」あれこれ

/その33 仕事場を辞めること あ、それから、お金ありますか?


第13章 絶対に漫画家になれる「漫画家のなり方」教えちゃいます


番外編 印刷会社さんに「社会科見学」(また長文です)

○タイトル○

○タイトル○

○タイトル○

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。