「漫画家のなり方」10

第2章 「紙の雑誌に代わるもの」の可能性

本項の文章は、自分の経験と、見聞きしてきたことをもとにつづってアップの用意をしていたものですが、佐藤秀峰さんがご自身のウェブサイトで、同じ主旨の、よりリアルな話をさらに詳しく書いて下さっています。
「漫画制作日記」ページの、2009/3/28の「漫画貧乏」から始まる文章他で、読むことが出来ますので、どうぞご覧になって下さい。

前章で、仮説として紙の漫画雑誌の限界についてつづりました。
誤解の生じないように表明しておきたいのですが、本論執筆現時点で、「紙媒体」であることが限界であると考えるのは、「漫画雑誌」に関して、です。

漫画の単行本に関しては、紙の単行本であるべきだ、という立場です。
その、単行本に関しても、色々考えるべき点はあります。
そのことは後に機会を改めます。


   その1 「インターネット」「ウェブ」というシステムについて

新作漫画の発表の場としての紙の漫画雑誌が、今のあり方でいられなくなるとします。
それでも、新作漫画の発表の場は必要です。

どういう手段、どういう媒体が、それをできるのか?

この数年の間、既存の漫画出版社を始め、新規企業も含めて、試行錯誤しているように見えるのが、インターネット、ウェブ、そして携帯電話での閲覧も含めたコンピューターメディアで漫画を読んでもらう、という仕組みです。

今では、大手出版社や漫画雑誌で、ウェブサイトを構えていないところは珍しいはずです。
そしてさらに、ウェブサイトで、雑誌掲載作品や、あるいは新作を読めるように試みているところもあります。

そうした試みで出版社は、何を模索しているのでしょうか?
実際に聞いたところでは、出版社は、赤字の紙の雑誌を出すことなく、インターネットで漫画発表と経済的収入が確保できる形を見つけ出せば、そこへの移行も探りたいと考えてもいるようです。

そうした発想と、試行錯誤は、企業としては当然の試みです。

しかし、現時点で、大手出版社あるいは新規参入企業で、インターネットでの漫画新作発表とその課金収入でビジネスが成立しているところはないように見えます。
あるいは、社会的な評価として、
「漫画の発表と課金に関しては、もう、インターネットのビジネスモデルが成立しつつあるから、紙の雑誌は不要」
ということが言える状況では、まだありません。

理由は簡単なはずです。
ここまで紙の漫画雑誌を読んでいた読者さんが、紙の漫画雑誌と同じタイトル、同じ内容のものを、今のところアクセスの面倒なインターネットでの閲覧でわざわざ読んでみたいとは思わない、ということです。


   その2 既存の大企業がうまくいっていないようにみえるこ

最初にまず、ちょっと漫画とは違う話。
ここのところ自分は、「大企業」が作ってスーパーやコンビニエンスストアやファミリーレストランやファストフードで売っている「食べ物」が、食べ物に見えなくなってしまって、そして実際に、あまりそれらを食べたいとも思わなくなってしまって、最初は色々不便でした。

「工場で作られた大量生産品」が、口にして良い、あるいは美味しい食事であるように思えなくなってしまったのです。

それは、実際に体がそれらの「物質」を受け付けないのか、論理のレベルでそれらの「物質」を「食料」であると考えるべきではない、と規定しているのか、そのあたりはこわくて面倒で、あまり検証していません。
ただ、安すぎる大量生産品は、「食べ物」に限らず、そろそろ、「あやしい」と考える意識があっても良いだろう、と考えるのです。

例えばそうした「食」への意識を、どこまでつきつめるかは難しくて、考えすぎればストイックの極みに入り込んでしまいます。

けれど、そうした感覚と同じく、既存の企業や出版社が、インターネットに漫画をアップする、という見せ方は、どこかが「大量生産品としての、食料」と同じように見えるのです。

インターネットの本質が、国家や大企業のものではなく、個人的ツールであると自分は考えますが、そうしたことと関係があるでしょうか?

ですので、仮に、紙の雑誌が今までのようには存在しなくなってしまう時がやってくるとしても、既存の企業や出版社が、今までの雑誌モデルやビジネスモデルをそのままウェブに乗せ変えたような漫画の見せ方で、ここまでに紙の雑誌が果たしたこと以上のことが成立するかは、確信が持てません。

安すぎる大量生産品は、あやしい。

先に述べたこのことは、今や紙の漫画雑誌にもあてはまることです。
安すぎる雑誌制作コスト。
安すぎる原稿料。
そうしてでも作られ売られ続けてきたことが、限界にきているのです。
これは例えば、アニメーションの制作現場の話でも耳にすることです。
関わる者すべてが、熱情と必要のあまり、
「赤字でもなんでも、今はとにかく良いものを創って、世に出すんだ」
と、勢い込んで始めてしまい、前例となって続けられていたことのツケが回ってきているのです。

そうしたことを知らずに、あとからのこのこ入ってきた者は大変です。

入ってきた人の方が逆に真っ当な経済原則の観念を持っているのかも知れないのに、
「貧乏は根性で吹き飛ばせ」
などと言われ、その不条理に異議申し立てをすると、
「未熟なクセに余計なことを考えるな」
と言われかねないのです。
経済原則としておかしいことだと指摘していることが、
「お前自身が未熟で無能である」という逆ギレに論理のすり替えをされる構造が、確実に根付いています。

そうしたことのツケが、限界に来ているのです。

出版社が模索している「ウェブ漫画」は、どこか、この「安すぎる大量生産品」の気風が感じられるまま、あるいはここまでのそうした今や「負の遺産」といえる考え方とシステムをそのまま再検証しないまま持ち込もうとしています。
なので、今のところ、それでも紙の雑誌が読まれているほどには、「ウェブ漫画」は、関心を得ていないのです。

関わる人は皆、わかっているのでしょうか?わかっていて、まあいいやと口にしていないだけなのでしょうか?
それともこうしたことを誰もわかっていないのでしょうか?
こうしたことをきちんと言語化して表明しているものに、まだ、ほとんど出会ったことがありません。


   その3 インターネットは個人のメディア そして漫画も

それでは、紙の漫画雑誌が成立しにくく、ウェブ上での出版社の新展開も、紙の漫画雑誌ほどの意味をなさないとしたら、漫画の発表の場、漫画がお金になって、漫画家が、原稿料と呼ばれていた制作費にあたる「対価」を手に出来る環境は、どうすれば手に入るのか、という課題が残り続けます。

前項で述べたように、インターネットは、それ自体大きな「システム」でありながら、政府や大企業といった「既存システム」のものでなく、本質的に個人のツールです。

そして、漫画もまた、これだけ成熟して、一般化して、今や世界中に読み手が存在する中で、それでも、ハリウッドの映画が「システム」であるみたいには「マス」なメディアではなく、本質的には「個人的な」メディアです。
多くの、本物の文字の本が個人的メディアであり、テレビは違うけれどラジオは個人的メディアであるのと同じように。

息づかいや、呼吸や、体温や、個人的な引っ掻き傷のようなものが有効な表現手段なのです。
送り手と受け手が、同じ地平に立てる可能性が強く残っているメディアなのです。

自分が、漫画を好きで、漫画を描き続けていたいと思う、それがひとつの大きな漫画の魅力です。

ただ、未来永劫、今後も漫画が、ぎりぎりのところで個人的メディアであるのか、そうであるべきなのかは、少し後に論を譲ります。

そのようなわけで、個人的ツールである漫画の味方をしていたはずの出版社の持っていた「漫画雑誌」というツールが、いちど、携帯電話やそれに付随するインターネットという個人的ツールにステージをさらわれてしまった以上、既存企業や出版社が、既存の考え方のまま、「漫画雑誌の夢よもう一度」と祈りつつ、インターネットでの漫画を始めても、紙の漫画雑誌が見せてくれた夢は、かなえられないはずです。

漫画が個人のメディアなのだということで、それではインターネットに、自分で作品をアップする、ということは、現在でも可能です。
アマチュアとして、タダで漫画作品を読んでもらうという限りでなら。

ただ、それでは、プロとして漫画を発表することで対価を得て、生計を立ててゆく、という希望とは断絶したままです。

そこから1段進んで、例えば企業によらず、個人が自分でネットにアップして、読者さんが作品を見てくれることに自ら課金でき、支払いをしてもらうシステムが出来上がり、生計を立ててゆく可能性が成立したとしましょう。

どうでしょう?
それが成立したとして、それは、理想的なシステムですか?
そうしたシステムが仮に主流になったとして、今まで無意識に編集者や出版社や、そうした「外部」に頼っていた様々なことを、自身で背負って、漫画を描いて、その漫画が売れるも売れないも、すべて自分で負う覚悟をできるかどうか?

その際は、先に書いたように、雑誌・編集者の要請する締め切りがありません。プレッシャーが無くなってよいことかと思いきや、そうとも言えず、作品アップの時間的管理を自前で行わなくてはなりません。

また、これも先述の通り、締め切りのプレッシャーの圧によって、個々の漫画作品、ひいては漫画雑誌に込められていた「熱」は、この先どのように引き出されるのか?

そうした課題が、多々、残ります。

また、前章で列挙したような、漫画を作り上げるための、机の作業以外の多くの作業、そして感情的な側面を始め、いままであまり考えることもなく様々な局面で編集者に甘えていたり泣き言を言ったりできていたことも、やはりそうした相手がいなくなります。
本当に独立自律して、受け手である読者さんとのダイレクトなやりとりになります。

理想的な自由ですが、相当にシビアな荒野に身を置く状況になります。

「紙の雑誌に変わるもの」として仮説を述べられることは、今の時点では自分にはここまでです。
けれど、何かが起こりうるし、変化するはずです。
それは、驚くほどに目に見えて急激な変化かもしれないし、あとから振り返ってようやくそれが変化だったと気付くくらいにゆるやかな変化かもしれません。
けれど、こうしたことに自覚的でいた方がよいです。

本来は、本論は、もっと個別論的な、「漫画家のなり方」のつもりで書き始めました。
ただ、今、「漫画家になる」と望むなら、すでに今漫画家である人は言うに及ばず、これから漫画家になろうと考えている方にとって、ここに述べる総論的でいちばん新しい問題に、もっとも自覚的であるべきだと考え、この冒頭の章を書いています。

いっそうシビアな荒野の出現が、目前にあるはずです。

そうした荒野が出現することを予感するので、願わくは今後10年通用するくらいの、漫画家志望者への一助となる「漫画家のなり方」を書きつづっておきたいと考えたのです。


←前の項を読む続きの項を読む→

ブロマガ【東京脱出】

ブロマガ価格:¥ 715(ひと月分につき)

紹介文:【東京離脱】は、ひと月分の記事を715円で購読出来ます。
2011年「3月分」と「6月分」そして7月以降の分をすべて「7月分」としてアップしています。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

「漫画家のなり方」おすすめ文献

複数エントリーをひとつの
エントリーにまとめ
おすすめ文献
してみました
根拠をもっておすすめできる
漫画の技法書等をご紹介しています

著作(試し読み可能)

電子書籍サイトeBookJapan 漫画onWebにて多くのページを試し読みしていただけます。ご購入検討の方はどうぞご覧ください。

「水使いのリンドウ」
全3巻


「Dust to Dust
~はじめの1000マイル~」

作品コメントはこちら

「九段坂下クロニクル」

現存する、九段下ビルと呼ばれる建物をモティーフにしたオムニバス
作品コメントはこちら

「モーティヴ ー原動機ー」
シリーズ 既刊0巻~4巻

「日本沈没」
全15巻


「ダービージョッキー」
文庫版全11巻
ヤンサンコミックス版全22巻

最新記事

ツイッター

よく読まれる記事

漫画家のなり方
継続中。長い長い。「第0章」よりどうぞ。下に目次一覧もあります。

  

「漫画家のなり方」
  目次一覧

第0章 はじめに

/その1 「漫画家のなり方」を書くことについて

/その2 もうひとつの 本論の執筆動機



第1章 漫画雑誌の終焉

/その1 漫画雑誌はもう・・・


/その2 なぜ雑誌をなくせないのか

/その3 漫画雑誌が果たしていた役割
//1 雑誌で必ず毎回新作漫画が読めた
//2 漫画の週刊生産は困難なのか?

//3 漫画家に締め切りを与えることができた
//4 編集者自身が果たしていた役割
//5 デザインや製版 もろもろの作業のコストと労力を雑誌が負ってくれていた
//6 作画アシスタントの紹介をしてもらえた

/その4 漫画に必要な様々なことをどのように確保するのか


第2章 「紙の雑誌に代わるもの」の可能性

/その1 「インターネット」「ウェブ」というシステムについて

/その2 既存の大企業がうまくいっていないようにみえること

/その3 インターネットは個人のメディア そして漫画も



第3章 制作費や原稿料や著作権や契約書のこと

/その1 原稿料は 漫画の制作費なのか?
//1 制作にかかるお金
//2 原稿料とは? その他必要なお金のことも
//3 誰も 「原稿料だけではやっていけない」と教えてくれなかった
//4 「二次使用」で得られる(かもしれない)お金


/その2 漫画の制作費は どこがどのように出すのか?

/その3 「契約書」には しっかりと目を通して下さい

/その4 著作権の知識を身につけましょう

/その5 ならば漫画はもう分業でもよいか?


第4章 再度 本論執筆にあたり

/その1 「無駄に過ぎ去る日々」と「なんとか積み重なる日々」の違いについて

/その2 漫画家になりたいのに、なれない人が多すぎる
//1 なにかが間違っているのではないか?
//2 余裕あんなぁ みんな/「才能神話」に飛び蹴りを


/その3 「姿勢」について 技術論以外のすべてのこと

/その4 キミには才能はある! あとはモノを考えるだけ

/その5 漫画家になりたいと思う前提として


第5章 “漫画家”になるのか、“漫画を好き”でいるのか

/その1 漫画を好きでいるための みっつの方法

/その2 ひとつめの方法 読者でいること

/その3 ふたつめの方法 趣味で漫画を描くこと


/その4 漫画家の定義

/その5 みっつめの方法 漫画家になる とりあえずおすすめできません

/その6 それでも“漫画家になりたい”と思ってしまった人へ



第6章 技術論としてのおすすめ文献 10プラス1
/1 「マンガの創り方 誰も教えなかったプロのストーリーづくり」
/2 「石ノ森章太郎のマンガ家入門」
/3 「快描教室 マンガの悩みを一刀両断!!」ほか 菅野 博士(菅野 博之)さんの漫画技術関係の著作
/4 「ベストセラー小説の書き方」
/5 「書きたい!書けない!なぜだろう? 」(夢を語る技術シリーズ)
/6「ファンタジーの文法 物語創作法入門」 (ちくま文庫) 著者/ジャンニ・ロダーリ 窪田 富男(訳)
/7 「映像の原則 ビギナーからプロまでのコンテ主義」(キネ旬ムック) (単行本)
/8 宮崎駿さんの絵コンテ
/9 「新インナーゲーム 心で勝つ!集中の科学」
/10 本論「漫画家のなり方」
/11 あらゆる長編ストーリー漫画単行本の第1巻と長編ストーリー漫画作家の読み切り漫画の短編集
/12 文献を読んでいただくにあたって


第7章 漫画家に なりたい人 なる人 なれない人 ならない人

/その1 なりたい人

/その2 「本当に苦しい」段階を経て、「なる人」になります


/その3 漫画家になれない人
//1 あいさつが出来ない 目を見て話が出来ない
//2 知識の多さだけで自信をもってしまっている
//3 批判することで自己形成してしまっている
//4 手数より口数が多くなっている

//5 ブログで、好き勝手に「ネガ」をひけらかしている
//6 漫画以外の「好きなこと」をひけらかしている
//7 「タダでもいいから載せて欲しい」と言ってしまう その発想は地獄の門の入り口 それを口にしてしまうことは仕事をする者として万死に値する
//8 プロですらないのに「自分がやりたいのはこのジャンルだけ」と言ってしまう


~インターミッション~
/著作権の文献 ご紹介


//9 明日もやはり描かない
//10 こんなに描いたのになぜダメなんだ、と言ってしまう
//11 例えば、絵がうまい 絵がうまいだけ
//12 昨日/先月/去年を思い返してみて、何にも変わっていない

//13 何にも変わっていないことを、自分以外の何かのせいにしてしまう
//14 感情をあらわにしすぎる
//15 やせ我慢が出来ない
//16 「こんなこと、漫画家になれるかどうかとは関係ないでしょ!?」と思ってしまう 口にしてしまう
//17 「わかってるよ そんなこと」と思ってしまう 口にしてしまう
//18 “載らないと死んでしまう、読んでもらえないと生きてゆけない” というわけではない人


/その4 ならない人

/その5 年齢について


第8章 最初の漫画 最初の1作を描いてみる

/その1 とにかく描き上げる

/その2 嵐のように襲い来る、万能感と無力感

/その3 恐怖 「描き上げたくない病」


/その4 誰も言っていないのに、勝手にダメだとか言わない

/その5 完成 おめでとう!

/その6 ホントにその第1作目の漫画は、素晴らしい。ステキです。

/その7 他人に見せる 出版社、漫画雑誌編集部に持ってゆく


/その8 編集者のどんな対応にもビックリしない

/その9 そのまま雑誌に載る場合

/その10 何作か描いて、雑誌に載る場合


/その11 付記 「ネーム」とは?


第9章 最初に雑誌に載るまで

/その1 編集者とのやり取りが再度始まる

/その2 自分の中の「よいイメージ」を絶対に守り通す

/その3 よい打ち合わせとは?

/その4 打ち合わせを何となく持ち帰らない

/その5 直せと言われたら、その場ででも直すつもりで


/その6 編集者とのやりとり しっかりね

/その7 感情を荒げる利点は少ない

/その8 転んだ時にタダで起き上がっていては 死にます

/その9 ここでも嵐のように襲い来る、万能感と無力感

/その10 雑誌に掲載されていることをイメージする

/その11 ここでも、とにかく描き上げる


/その12 最初に雑誌に載る、いくつかのパターン そのことにどうしても言及したい いくつかも含めて

インターミッション 2
/デジタルとコンピュータのこと おすすめの本


インターミッション 3
/良い本が どんどん在庫切れや絶版だ 絶句



第10章 雑誌に1本載った ここから先に進む時の覚悟

/その1 まだ、本論の定義での「プロ」ではありません

/その2 ブログ 連絡手段の必須として


/その3 喜んで席を譲る連載作家はいません サバイバルだぜ

/その4 速く たくさん 描くことでしか手に入らないことがある

/その5 描きたいペース 描きたいスタイル


/その6 プロになって そののち10年後もプロでありたいかどうか

/その7 死守するものを定める


/その8 雑誌の枠内やジャンルの枠内で作風をつくってしまう危険について


第11章 プロになりたいと思う かどうか

/その1 自分の「名」で「生き死に」をしようと思うかどうか

/その2 「エンターテインメント」の、日本語訳 わかりますか?


/その3 読み手のために漫画に仕えることと それが自分のためであることの一致

/その4 不安なのは、みな、同じです


~インターミッション 4~

/その5 アシスタントについて またはプロ以前の時代について

/その6 “漫画家のアシスタント”は “不本意”だが“みじめ”ではない


/その7 付記 漫画家がアシスタントに手伝ってもらうということ


第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

/その1 生きてその仕事場を出る


/その2 ものを考えましょう 人に自分を委ねてはならない

~インターミッション5 おすすめ文献 さらに~
/一冊目 「人体のしくみ」
/二冊目 「ブックデザイン」
/三冊目 「デザインの自然学」


/その3 いちど自分のいままでのスタイルがすべて崩れます ビックリしないように

/その4 モノとお金以外のすべてを盗む

/その5 漫画家さんの振る舞いの全ては参考になる とにかく学ぶ

/その6 他者の作品制作に全霊で仕え、力は使い切り、しかし疲れずに帰る

/その7 漫画/漫画雑誌をたくさん読む 好き嫌いや批判を脇において

/その8 仕事場で我を出さない 感情で仕事場の空気を揺らさない その仕事場の空気はタダじゃねえぞ

/その9 自分の不満の表明のためにふてくされてはならない

/その10 人の漫画の手伝いをして、漫画を描いた気にならないようにする

/その11 仕事の合間は「お休み」ではないです 漫画を描く 描く準備をする

/その12 月に2本以上ネームを描いてください

/その13 漫画家は、ホームを通過する特急電車 アシスタントはホームに立つ人

/その14「引き出しを増やす」のウソ 脳の「インプット」と「アウトプット」について

/その15 代案を出せて初めて「批判」と言える

/その16 否定の言葉でしゃべらない タメ息などつかない しゃべりすぎて気持ちよくなっちゃったらいけない

/その17 自分を大きく見せてもしかたない(尊大さのワナに気をつける)

/その18 自己卑下のワナに気をつける(小さく見せてもしかたない)

/その19 編集者/雑誌/読み手をバカにした時点で、バカは自分です

/その20 テレビが「表現媒体」ではなく「広告」であることについて

/その21 幸せそうな人を 「幸せそうでいいよね」と思う想像力の欠如と決別する

/その22 死なない程度に、たくさん恥をかき、傷付いていい

/その23 アシスタント時代に太ったりやせたり眠れなくなったり腰痛になったり 心や体を悪くしている場合ではないです

/その24 目くそ鼻くそ同士でギスギスしない

/その25 アシスタント仲間をライバルにしない 仮想敵は少し高めに設定する

/その26 アシスタント仲間を戦友にする 孤立してはならない

/その27 「プロのアシスタント」について

/その28 漫画家の重力 人の仕事場の引力

/その29 漫画家の寝首を掻く(ホントに殺しちゃダメだよ)

/その30 いま 「どうぞ連載を」と言われたら 自分自身のようなスタッフに手伝ってもらって 月に1本 週に1本 漫画原稿を仕上げられますか?

/その31 いま描いている漫画やネームは そのまま雑誌に載って 他の作品と渡り合えますか?

/その32 少し余談 今だからこう書ける 許してあげて欲しい「漫画家の挙動不審」あれこれ

/その33 仕事場を辞めること あ、それから、お金ありますか?


第13章 絶対に漫画家になれる「漫画家のなり方」教えちゃいます


番外編 印刷会社さんに「社会科見学」(また長文です)

○タイトル○

○タイトル○

○タイトル○

検索フォーム