一色登希彦/ブログ 

一色登希彦 ブログ / 三重県の小さな町に在住 現在は飲食店に従事 漫画描いてました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#25 誰も言わんからもう俺が言う/ツインリンクもてぎでのMotoGPは面白くない

 ツインリンクもてぎのMotoGPに今年も行ってまいりました。
 常々漠然と感じていて、しかしサーキット自体に思い入れもあるし恩義もあったりで、言葉にはしないでいましたが、コップの水があふれそうなので言ってしまおう。
 お金を払って観戦しているのだから、言う権利もあると思う。

 ツインリンクもてぎでのMotoGP(もしくは500ccクラス時代も含め、最高峰クラスのレース)は、面白くないです。



 何と比べているかというと、まず1番に鈴鹿サーキット。そして、実際に観た海外のサーキット等々。

 もてぎでのMotoGPは、もちろんMotoGPと名がつく以前の開催初回から観戦していますが、最高峰クラスに関しては「名レース」と呼ぶに足るレースに出会えた記憶がありません(いくつかの「名シーン」はあったかも知れない)。

 理由は明瞭、サーキットのコース自体が狭すぎるのだと思います。「キャパシティー不足」というべき?

 MotoGPのような大パワーのクラスの車両が走ると、本当にストップ&ゴーの連続になってしまって、ライダー&オートバイの競り合いやら駆け引きが発揮される場がほとんどありません。
 実際、レースの中盤以降もそれでもトップグループでクリーンなオーバーテイクをやってのけるのは、やっぱりこの人、バレンティーノ ロッシくらいになってしまうわけです(去年ポカやったけど)。加えて時々冴えているライダーが何人か。
 四輪F1のレースよりも、二輪のレースの方が、「レース」としては面白い、という意見をお持ちの方、いるでしょ?僕もそのひとりです。けれどもてぎのMotoGPは、レースとしてはオーバーテイクの見られないF1と同じように、全く面白くないです。  
 鈴鹿サーキットで開催されているF1グランプリ(今年限りなのか!?無念だ)を、ツインリンクもてぎでも開催できるかというと、不可能です。
 それはコース自体の持つ性能(観戦席のキャパといった付帯性能ではなく、コース自体の性能)が不足しているためですが、それは同じ事がMotoGPにも言えます。
 もてぎはコース性能が不足しています。

 ツインリンクで「レース」が展開できるのは、GP250クラスまでがせいぜいではないだろうか?250の「名レース」は、2000年の加藤大治郎と中野真矢の伝説的マッチレースを始めとして、きっといくつもあげる事ができる。
 
 たぶん本当に向いているのは、走った身で好き勝手申しますが、GPMONOクラスとか、ミニバイククラスのオートバイが大量に走る耐久レースとか。

 これからも、ツインリンクもてぎでMotoGPが開催されるならば(あるいは、「もてぎでしか開催されないならば、仕方がないから」)、観戦には行きます。
 でもこれは、ひとつ前のコラムで「フジテレビのF1地上波中継は、視聴者をバカにしている」と述べるのと同じ理由で、ツインリンクもてぎでのMotoGP開催は、主催者から、「こんなもんで何とか・・・」とメッセージされているようなもので、お客さんをバカにしています。
 あのレースを持ってして、「MotoGPのレースを観た」とは、思いたくないです。鈴鹿サーキットでのグランプリが、どれだけまともな「レース」だったか、それすら知らない観客が増えてゆくのは、長い目で見て本当に良い事なのか?

 ワールドカップサッカーが、フットサルの小さなグラウンドで行われて、しかもフル人数の11人対11人が人口密度オーバーで密集するような試合を見せられて、「これがワールドカップですよ」と言われたら、誰だって怒るでしょ?

 ツインリンクもてぎと鈴鹿サーキットは、共にHONDAを母体とする企業です(正確な表現を欠いているかもしれませんが、大雑把に言って、そうなはず)。
 両サーキットとも別企業であったものが、最近確か、両サーキットが合併して同じ企業になったはずです。いままでは、「同グループの別会社」に配慮して、興行を分け合っていたかもしれないけれど、そろそろ、それぞれのサーキット性能にふさわしいレースを仕分けると良いのではないでしょうか?

 MotoGPは、日本では、鈴鹿サーキットで開催されるべきだと思います。

 「大きな事故が起きたから再開が難しい」?
そこを再開に持ってゆくのが(安全対策、関係者/観客への十分な説明等々)、オトナの手腕でしょう。
 もしもそういった理由を含めて、本当に開催にふさわしい鈴鹿サーキットでの開催もかなわないようなら、いっそ日本での開催は1度やめてしまえば良いのではないでしょうか?
 MotoGPは、おいそれとは参戦も観戦も出来ないプレミアムレースであって良いと思います。もう一度、「海の向こうの、手が届かない夢のグランプリ」に戻してしまえば、日本で我々が、本当はどれくらいMotoGPを、オートバイレースを、オートバイを、愛しているのかそれとも愛していないのか、わかるのではないだろうか?
 再度日本で開催される努力をすれば、どれだけ価値のあるものか、みな再認識すると思います。それで再開されないなら、本当の熱意はその程度のものだったのです。 それでも観たければ貴重な外貨を買って海外に観に行く。僕は行く。今なら出来るし、自分の仕事がモノにならない超貧乏時代にも、そうしていた。
 それくらいには「俺は好きだよ」と言える。

 もてぎでのGP開催は、オーガナイズ面に関しては素晴らしい努力を積み重ねていて、観戦環境は年々快適になってきていると感じます。車両の駐車場への配分/誘導はじめ、「よく考えて、よく出来ていて、よくやってくれているなあ」と、それはお金を払って観戦するものとして、感動します。
 ですので、「もてぎでのGPはつまらん」という言い方が、もしも関係するどなたかを傷つけてしまったら、ごめんなさい。普段からお世話になっているというのに。
 ただやはり、そうした人的サービスの充実と、デフォルトのサーキットコースの性能自体は別問題です。
 ツインリンクもてぎには、ツインリンクもてぎならではのサーキット性能があります。それは営業開始当初から題目としていた、「参加型」サーキットであることだと思います。

 僕も僕らも、相変わらずユーザーとしてはむしろ「もてぎ」を多いに遊び続けますから、MotoGPは、同じ会社内の鈴鹿サーキットに返してみませんか?

 本物のグランプリ最高峰レースを、ここ数年、日本で観る事が出来ないでいます。
僕は、もう一度それを観たい。


 ぷんすか怒っているついでにもうひとこと。
 MotoGPのテレビ放映をする日本テレビ。地上波にてMotoGPの生中継をしてくれるのはまったく「良し」としましょう。
 反面、お金を払って衛星放送契約をしてCM無しの映像を買っているつもりのCS放送視聴者に対して、生中継なし、日曜深夜に録画放送というのは、いったい何を考えているのだろう?
 「地上波の視聴率を上げたい」という思惑以外に、素人として考えられることが思い浮かばない。
 
 どんなことにせよ、お金を払ってくれるお客さんをバカにし続けると、やがてしっぺ返しは来るのではないだろうか?
 併せて「金出してんだから」という態度で、何を言ってもやっても良い、てものでもありません(常に自戒も含め)。
 お金は大切に扱いましょう。人に渡すときに投げたりしちゃいけません。受け取るときにも受け取り方の礼儀があります。
 正しいお金持ちは、正しくお金を扱ってますよ。
 正しくお金を扱わない人は、いっときのあぶく銭がすぐに離れてゆきます。

 話それた?
 いや、当面の現代社会での「ものごとのまっとうなやりとり(交換)」の礼儀の話です。これもたぶん。

| 以前のブログからの引っ越し | 13:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://toki55.blog10.fc2.com/tb.php/33-15081e6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。