一色登希彦/ブログ 

一色登希彦 ブログ / 三重県の小さな町に在住 現在は飲食店に従事 漫画描いてました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【シン・ゴジラ観たの記】

以下、平気で「ネタバレ」とやらを含むので、観たい、何もまだ知りたくない、というかたは、気をつけられたし。

個人的なやり取りの事も含めて書くので、庵野さんから「消しなされ」と注意を受けたら消す場合があります。

そしてこの文章をもって、自分から庵野さんへの個人的な感想となるように書こうと思う。

観ました。

引き込まれながら観ました。
よく作りなさった!
「庵野秀明の映画」になっていました。

庵野さんは、1年ほど前の僕との個人的なやり取りの中で、作っているさなかのゴジラを、
「(人間ドラマは描かないで)事象中心に描く」
と伝えてくれました。
僕はその時、
「もしも本当にそう言っている通りに作るなら、凄いものが出来るかも!」
と期待して、その旨を返信しました。



いっぽうで多大な危惧もあった。
聞き及んだ限りでは、製作期間が十分ではないように見えた。
そして、上のやり取りから遡って、この映画の企画のごく初期に、庵野さんから「何か感想あったら…」と聞かせてもらった内容があんまりなもので、僕は、
「お粗末です。あんまりです。現実舐めてませんかこのプロット。」
という旨の感想を伝えました。
(僕には僕なりの、それくらいを伝える筋合いのようなものがあったので)

同時に、これは本当に余計なお世話だったのだけど、庵野さんと庵野さんの家族の、個人的な幸福への心配を伝えました。
「「エヴァQ」みたいなもの作って、精神的に参ってしまって、自他ともに「それすらもクリエイターの業である」みたいな人生引き受け続けるので、これからも本当に良いんですか?」
といった主旨のことを伝えたつもりです。

庵野さんがどのような返事をくださったかは、多くの人が読む文章としてこれを書いているので、この点は伏せます。

そんなわけで、作品の出来への心配は多大にありました。
エヴァは大ヒットしていたけれど、「庵野秀明の実写映画」は、いまのところ現実的には大ヒット大評価な作品はないわけだから。

観ました。

引き込まれながら観ました。
よく作りなさった!

誰が観てもいい映画になっているし、誰が観ても「良い悪い」「好き嫌い」を言える映画になっていると思います。
(もちろん、「エヴァQ」はそう言える映画にはなっていなかったというのが、僕の考えです。あのようなものを作り終えた人が幸福なわけはないと僕は考えたし、なので庵野さんに、「友人として告げたい」と前置きして、庵野さん個人の幸福への心配を伝えました。)

クリエイターとしての達成度(作品の完成度)と、クリエイターの個人的な幸福なんて、そうそう一致するものではないかもしれない。
けれど、「シン・ゴジラ」は、鑑賞者にも意味のあるインパクトを強く残し、作った本人も本人なりの幸福と充実感をもって終えられたのではないか…と、僕は、幾つかの根拠から推測しています。

庵野さんが、庵野さんなりにようやく現実に着地した。
作品という窓を通して、多数のお客さんと正しく多数の一対一対応が成立した。
そういう映画を作れたのだと思います。

僕はそう解釈します。
それが間違いではないと良いなと思いながら、そのことに、
「おめでとうございます」
と伝えたいです。

作品の内容に沿って感想を少し書くなら、エヴァ「序」「破」で活写した、ヤシマ作戦の再話、人間(シンジ君)のごく真っ当な活躍…などなどを、この「シン・ゴジラ」でようやく実写映画でもやってみせた…、ということなのだと思います。
(僕は「序」と「破」がとても好きなんです。でも、庵野秀明を深読みしたり、庵野秀明を深読みの泥沼に縛り付けておきたい人がいるかも知れず、「明解すぎてつまらない」という評価も目にするのだけど)

「よくこんなモノを描いた」
「よくこんな内容を盛り込んだ」
という種類の感想がチョロチョロ視野に入っているのですが、その点に関しては、「どうにか現実の尻尾を逃さず捕まえた」という、トップクリエイターとしてならば当然の力量を、あんまり褒めそやしたいものでは無いです。
とても感銘を受けましたが、そのことを「驚き」みたいに表明したくない。僕は僕なりの筋合いで、そんな風に伝えておきたいです。

おつかれさまでした。

次はたぶん、
「シン・エヴァ」
にかかるんですよね?

ただただ、それを作り終えた時に、庵野さんと庵野さんの家族が幸福でいることを、変わらず望みます。

その前に。
どうですか、上等なワインを飲める店があるんですよ。
ちょっと寄って行きませんか?

| 日々のこと | 14:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。