一色登希彦/ブログ 

一色登希彦 ブログ / 三重県の小さな町に在住 現在は飲食店に従事 漫画描いてました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「漫画の教室」を開きます(東京からは遠い所で/小中学生の皆さんに)

どう書いても長くなりそうだなあ。

下のようなところ(だったところ)で、「漫画の教室」を開催します。再来週の3月23日(火)/3月27日(土)。

よく見ていただきたいのでいつもと違って
画像クリックで大きく見れますよ
ゆうがく邸内 ゆうがく邸外

東京からずいぶん離れたところで、対象も、小中学生の皆さんに向けて、です。


や。上の写真は実は4年近く前のものです。

今は、ものすごくキレイになっていて、こんなカンジです→ひるま  →

ご紹介したサイトの写真と記事を見ていただくとほんの少し把握していただけるかもしれません。えらくキレイな写真に見えますし、えてして「写真の方がカッコよくて現物はもう少しショボ」ということがありますが、この建物は違います。
このサイトの写真のままです。


三重県の、紀北町(きほくちょう)、紀伊長島(きいながしま)という町にあります。

知りませんか?(失礼・・・)

僕も、ふとしたご縁があるまで知りませんでした。

話すと長くなるので、鈴鹿のF1(シューマッハのラスト(だった)、鈴鹿のラスト(だった)時のやつ)を観に行って、何だかご縁をいただいた、と書いておきましょう。

当時、最初の写真のような「お化け屋敷」状態だった大きな木造民家を、NPO法人さんが数年かけて先日よみがえらせました。

そこで色々とイベントやおもしろいことが行われてゆく(はず)、というお話の、そのひとつとして、

「漫画を描いてみよう教室」みたいなのをやらせていただきます


実際は、「アーティストインレジデンス」という、「創作作家滞在」の形態があるのですが、その「作家招聘」をお受けする形で、作家は当地滞在/作品制作をします。その制作活動の中での、その対価としての「ワークショップ開催」をする、という形で、「漫画描いてみよう教室」を開きます。

まだ、広く定着しているとは言えない(僕だってよく知らない)「アーティストインレジデンス」という形態の、形作り、実験のようなものだと、自分では解釈しています。

素敵なことは多くて、色々語りたいのはやまやまですが、まずは、「教室やります」の告知をするのが大事ですよねやはり。


ワークショップ(教室)「自分で描いたキャラクターで漫画を描いてみよう」

フライヤーそれぞれ拡大できます↓
漫画教室チラシ 漫画教室チラシ裏

日時/3月23日(火)と3月27日(土)の両日それぞれ15時~17時。2時間ずつ計4時間。(両日参加をお願いします)

場所/三重県紀北町紀伊長島 「ゆうがく邸」

対象/小学6年生より中学3年生

定員/20名まで

内容/簡単に描けるもので構わないので、ひとりひとりにあらかじめ「キャラクター」を描いて来てもらいます。そのキャラクターを、ひとりひとりが自分で考えたお話しの中で動かして、漫画を描いて行きます。時間が限られているので、長い、大きなお話しと漫画は出来ないと思いますが、誰でも、簡単でもしっかりしたお話しのある漫画を描けます。みなさんが漫画を描く、そのお手伝いをします。出来上がった漫画は、みんなの前で発表させてもらいます。その漫画ひとつひとつに、感想をお話しさせてもらいます。


なにしろ例えば東京からは遠いです。名古屋から特急で2時間(旅が楽しいんだこれが)。

「何もない所です」、というのが「わるくち」に思えない方には、このワークショップだけでなく、来ていただく魅力のある場所と、建物だと思います。

ワークショップの合間の日々に参加者さんは建物に「体験宿泊」で過ごすことは出来るのかなあ?ちょっと主催者さんに訊いてみてくださると良いかと思います。

当該年齢世代のお子さんがいらっしゃる方、周りに面白がってくれそうなその年齢の子が思い当たる方、ご興味ありましたら、主催者さんまたは僕まで、ご連絡ください。

まずは一報。 続報を随時アップします(つもり)です。

| 漫画の教室 | 23:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://toki55.blog10.fc2.com/tb.php/194-e5a581d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。