一色登希彦/ブログ 

一色登希彦 ブログ / 三重県の小さな町に在住 現在は飲食店に従事 漫画描いてました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「紙からデジタルへ」その変革期の重大な余波

2009年/2010年が、漫画も含めた表現媒体の「紙からデジタルへ」の重大な変革期になるだろうという話は度々書いていますが、漫画家の仕事の現場も、その余波を受けて少なからず重大な事態が多々進行しています

その、僕の仕事場でも直面している、抜き差しならない事態のひとつをお話します。

作業のデジタル化をすると、大事な画材のひとつであったスクリーントーンが無用になってくるのですが、

スクリーントーンを収納していた棚とかラックが、大量に余ってかさばって困ります。
ああ・・・どうしよう、これら。


棚1

かわりに、導入したコンピュータは新たに場所を取っているわけです。仕事場に、新しいコンピュータと、無用になったスクリーントーンのラックが同居して、作業スペースを圧迫することになります。

「紙からデジタルへ」その変革期の重大な余波といえるでしょう。いえるよね?

仕事の合間である今のうちに、今までは出来なかった仕事場の整備をしようとは思っていたので、このスクリーントーンラックは処分してしまおうと思っていました。世話になったモノだし、愛着はありますがしかたがありません。



ところが、それとは同時に別の問題も生じていました。スタッフさんに使ってもらっている仕事場の机には、引き出しが付いていないものが多いのです。

棚2

机の上に、今までは存在しなかったコンピュータモニターやキーボードが載り、スペースを圧迫します。また、描いている途中や参考にしているB4という大きめのサイズの紙を、机のどこに置いたらよいのかという問題も出てきています。

漫画を描いていない瞬間には、余計な、しょうもないアイディアが浮かんできます。
スクリーントーンのサイズは、B4です。

「捨てようと思っていたスクリーントーンのラックを分解して、机に固定して、紙を置ける引き出しにすれば良いのではないか?」

普段は思いつきだけで実行する余裕がありませんが、漫画を描いていない漫画家には時間もあります。
(ちなみに長いこと漫画家が漫画を描かない状態が続くとえてしてロクなことにはならないので、節度が肝要です)

プラスチック製のラックは、まったくもって良い感じに分解できるではないですか。

「こ、こいつ、イケるぞ・・・」

棚3

そして、オトナ男子のワンダーランド、ホームセンターに出向き、おあつらえ向きの金具とネジ類を調達します。

棚4

やはりオトナ男子のご機嫌アイテム、リョービの電動ドライバーで、金具装着。

棚5

そして机の天板の下に打ち付けてみた。

棚6

ブラボー!!

棚7

捨てようと思っていたかさばりアイテムの分解利用で、見事に棚新設。しかも、既存の机用の引き出しというのは作り付けにしろあと付けにしろもう少し深い寸法からしか無いものですが、これはスクリーントーンに適した浅い寸法なので(もともと、ワイシャツラックとして売られていたものを利用しているのです)、紙や画材を入れて整理するのにたいへん都合がよろしい。足にも干渉しにくい。

棚8

さらにですね、分解できるということは、男子あこがれ、合体もできるということに気付きまして、さらなる男子あこがれ設定、天上から下に延びる空中都市(わかる人だけわかれば良い)のごとく、下側にどんどん増設可能というオマケまで付いておりました。

棚9

すばらしいー!!

「紙からデジタルへの対応の一項目、完了であります」

楽しいがな!

執筆作業を再開するまでの間、このようにして仕事場環境を整えておくのも、とてもやりたかったことのひとつでしたので、楽しんでおります。


ところで、「紙からデジタルへ」という話の本題で申しますと、色々と重大なシンクロニシティが間近なようです。同時発生具合があまりにも出来過ぎていて、このことに関心がある人も、ない人も、それが、意味のある偶然なのだということにさえ気付かないかも知れない、という気もします。

ワクワクしています。

追伸。
どなたか手作業でスクリーントーンご使用の同業者さま志望者さま。古いモノですが、そこそこ大量のトーン、ご入り用の方いらっしゃいませんか?差し上げます。本気の方、大雑把なリストお知らせしても良いです。でも何年も経っているので、ホントに引き合いがあったら、その時にまともに使えるのか試してみてお知らせしますね。

↑追記/本当に申し出をいただきましたので、上記ひとまず締め切ります。お心当たりのSさん、あなたです。連絡ともども少々お待ちくださいね。

| 日々のこと | 21:01 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://toki55.blog10.fc2.com/tb.php/180-b1dd2fbc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。