一色登希彦/ブログ 

一色登希彦 ブログ / 三重県の小さな町に在住 現在は飲食店に従事 漫画描いてました

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」1

――――――――――――――――――――
随時更新。
長文になります。項目ごとに書き綴る形で、断片的にアップしてゆきます。
また、削除変更訂正追記を、随時おこないます。
ブログカテゴリー(「コラム分類」)「漫画家のなり方」を選択いただいて、連ねて読めるようになります。
――――――――――――――――――――


第0章 はじめに

   その1 「漫画家のなり方」を書くことについて

自分は今、漫画を描くことを職業として名乗っていて、自分の描く漫画を、不特定多数の漫画購入読者に読んでもらうことができます。
それは、漫画を描き続けて、たどり着きたかった場所、立ち続けていたい場所です。

自分が「漫画家」という職業に就いている間に、漫画を描いてゆくことと共に、もうひとつ、やっておきたいことがあります。
それは、縁あって知り合うことになる、「漫画家になりたい」と思っている人に対して、何か少しでも助けになりたい、ということです。

「漫画家のなり方」と言えるようなことは、自分の見知る限りの、漫画家になりたいという人に対して、ことあるごとに話をしています。
それを、実際に見知った、限られた数の人にアピールするエネルギーを費やすならば、その同じエネルギーで、不特定多数の同じ現状の人に届けることが出来るのではないか、と考えたのが、本論を書き始めた動機のひとつです。



   その2 もうひとつの 本論の執筆動機 

もうひとつの大きな動機は、本論をつづり始めてから、自分の中で明確になってきました。
漫画を取り巻く状況が、過去数十年に何回かあったのと同じかそれ以上の激変をしていることと関係があります。
どのような「激変」なのかは、本論を進めていくなかで、綴ってゆきます。

その激烈な変化の中で、「今、漫画家になるために必要なこと」の体系が、現在の状況に即した、満足できるまとまった形で、世に出ていません。

いままでは、そうしたことは、出版社の編集者や、アシスタントという形でお世話になる漫画家さんや、そうした自分以外の力に無意識で頼っていた部分です。
そうしたノウハウは、かなり複雑で、あいまいで、時として想像を超えるように見えます。そうしたノウハウを、これからは自分自身で自覚的に身につけなければならないことになってくるはずです。それもかなり早い時期に。
実際は、すでにもう、そのような状況になっています。

漫画家が、漫画家個人として二本の足で地面にしっかり立つことが、相当に困難な時期です。本当は、それは何も、漫画家に限らず、個人レベルの特殊技能を必要とするいろいろな職種にも迫っている困難です。

大きな話をするならば、あらゆる人間関係や社会的関係の中で、個人がしっかりと自分の足で立つことが難しくなっています。
その時にやっかいなのは、「個人がしっかりと自分の足で立つことが難しくなっている」という状況そのものが、見えにくくなっていることです。見えにくいと、問題にもしにくい、というわけです。

それゆえ、自覚的な人もしくはズルい人が少し知恵を働かせれば様々な事態を切り抜けることができるし、逆に、そうした問題に無自覚な人は、どんどん自分を窮地に追い込んでゆく。自分が窮地に追い込まれていってることにも気付かないうちに。

流行りコトバで「格差社会」とか「雇用者切り捨て」などと言われているのは、そういうことです。
ひとまず安全と思える場所にいる人は「自己責任」を口にしますが、そのコトバでくくれるのは、自己責任を考えなかったために窮状におちいった人をあげつらうだけのことで、そして、追い込まれている人の明日を保証してくれもしません。
そして、「自己責任」を口にした人は、せいぜい、そう言っていた自分の明日はその我が身になりはしないかとビクビクするだけのことになります。

漫画家になりたい人、漫画に関わる人が自覚するべき自己責任もまた、確かに存在します。
そうした中で、漫画家への思いがかなわなかった人に対して、漫画の状況をよく知る者でさえ、よくて結果論として「自己責任なわけだから」としか言えないのは、貧しいことです。
せめて、自分が大切にしたいと思うこのフィールド内においてだけでも、現在の「自己責任」の実際の内容はどういうものなのかを言語化してみたいと思いました。
そうすることで、漫画家になりたい人への、地に足付けて立つことの助けになって欲しいです。

そのための手がかり足がかりとなるものを書き綴りたいと考えました。

そのため、書き始めた当初に本来考えていた目次構成を変更し、急ぎ表明した方がよいと思われることを最初の項に持ってき直すこともしました。

本論は、“「漫画家になりたい」と思っている人”に向けて書き始めます。
厳密にもう少し対象を絞ると、この文章は、
“「漫画家になりたいと思って努力しているのに、どうしてまだ自分は漫画家になれていないのだろう?」と思っている人”
に、向けています。
タイトルが「漫画の描き方」ではなく、「漫画家のなり方」である理由は、そうしたこととともに、折々理解していただけるはずです。

「漫画家になりたい」と思っている人が、「漫画家になれていない理由」と、「漫画家になるために必要なこと」を知ってもらい、それぞれ生かしてもらうことを本論の目的にします。

項目が多くなりますが、全てにおいてその都度、自分の現状と照らし、省み、身に付いているかどうか検証してください。
もちろん本論に対して、代案があれば、それをもってしてもよいことです。
代案が浮かばなければ、取りあえず飲み込んで、身に付けてみて下さい。
「こんなに考えて、身につけなければならないのか?」と
感じるかも知れません。
しかし、それらはやはり必要です。
ここまで漠然と考えていた部分にすべて、意識の光を照らして、再検証して、知っておく必要があることです。

漫画を好きで、漫画を描いて生きていきたい。加えて絵が上手い。
そう言う人に、
「あとは、ここにあげた、精神的姿勢を身につければ漫画家になれますよ」と
言えるものを、書きつづります。

すでに漫画家になっている人には無用の文章でしょうし、読んでいる途中で飽きた人は、漫画家になれないか、漫画家になれる別の方法・別の道を探せる人です。

自分で責任を負える範囲で、書けるだけのことを書きつづるつもりですが、事実誤認や、みなさまからの異なるご意見やご助言もあると思います。
むしろ、本論は、筆者の手を離れるべく、ご意見、ご助言、代案、を、必要としています。
いただけるご意見やご感想には、謙虚に耳を傾け、本論の修正加筆をし、完成度を上げて行きたいと考えます。

お気づきの点がありましたら、どうかお知らせいただけると幸いです。


続きの項を読む→

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 11:47 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://toki55.blog10.fc2.com/tb.php/15-ec4d09d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。