一色登希彦/ブログ 

一色登希彦 ブログ / 三重県の小さな町に在住 現在は飲食店に従事 漫画描いてました

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日は

「古屋兎丸さんとお話してたら超自分が恥ずかしくなりました。創作を粛々と行う為に全てをコントロールするなんて本当に凄い。」

「殆どの時間を一色登希彦さんとの画報社組で話してました。かなり乱暴に漫画の創作話の端っこの方を投げても全然理解していただけるのでやっぱり同業者との話は勉強になるます。」

・・・て感じの楽しいひとときを過ごさせていただきました。ありがとございます。
ジャンプスクエアさんの新年会にお邪魔させていただきました。

ツイッターのことやらリンクのことやらが良くわからんデスので、
内藤泰弘さんのツイッターがこちら、としとこう。

兎丸さんとかこちら、としとこう。

みなさまありがとうございました。

超元気をもらった。
ホントがんばろ。

ああ面白かった。あー面白かった。
スポンサーサイト

| 日々のこと | 01:38 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPad

さあ、で、iPadです。ようこそ!!

iPad

こんなコピペ画ですみません・・・

少し前にその名前のノート型Macがあったのさえすっかり忘れていて(まだウチでも使っているのに・・・)、数日前に、「あ、名前は『iBook』とかどうだろ?」とかマヌケな妄想ヒラメキが頭をよぎった気がしましたが、意外に予想通りに『iPad』でしたね。

てか電子書籍ストアの名前の方が『iBooks』だった!!!

そう来たか。

≫ Read More

| ウェブコミックもろもろ | 01:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これはもう

必読で。



お好きな方、ご興味お持ちの方、漫画家を目指す方、無条件おすすめです。

「紙かデジタルか?」なんて話、ホントは二の次なんだって思い出します。

追記↓

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 23:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「紙からデジタルへ」その変革期の重大な余波

2009年/2010年が、漫画も含めた表現媒体の「紙からデジタルへ」の重大な変革期になるだろうという話は度々書いていますが、漫画家の仕事の現場も、その余波を受けて少なからず重大な事態が多々進行しています

その、僕の仕事場でも直面している、抜き差しならない事態のひとつをお話します。

作業のデジタル化をすると、大事な画材のひとつであったスクリーントーンが無用になってくるのですが、

スクリーントーンを収納していた棚とかラックが、大量に余ってかさばって困ります。
ああ・・・どうしよう、これら。


棚1

かわりに、導入したコンピュータは新たに場所を取っているわけです。仕事場に、新しいコンピュータと、無用になったスクリーントーンのラックが同居して、作業スペースを圧迫することになります。

「紙からデジタルへ」その変革期の重大な余波といえるでしょう。いえるよね?

仕事の合間である今のうちに、今までは出来なかった仕事場の整備をしようとは思っていたので、このスクリーントーンラックは処分してしまおうと思っていました。世話になったモノだし、愛着はありますがしかたがありません。

≫ Read More

| 日々のこと | 21:01 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アップルの「新しいもの」2010

アップルが「新しいもの」を出すらしい。

その「新しいもの」は、MacやiPodがそうだったように、新しい「もの」ではなくて、新しい「こと」になるだろう。

それが出て普及してしまえば、当たり前過ぎてそれまでの「旧いもの」が何だったのか、そしてその「新しいもの」の何が新しかったのかもわからなくなるくらいに、「新しいこと」なはず。

それは、アマゾンのキンドルが独走する可能性に待ったをかける「こと」。キンドルの「考え方」を含んで、そのさらに先を見据えているかも知れない。

「紙はもうダメだ」という物言いがふたつ前の古い言い回しになり、「紙かネットか」という物言いがひとつ前の言い回しになるような「もの」なのではないだろうか?
(日本ではまだ「紙はもうダメだ」「いやダメじゃない」という話からすら抜け出ていない。そんな話すらピンと来ていないという状況ですが)

さあどうなるか?

年末のエントリーでも触れたように、米国でのアマゾンの電子書籍の売り上げが紙の書籍の売り上げを超えた、それが今でもあまり多くも大きくもニュースにならないこの国で、この「新しいこと」がどのような衝撃と波及をもたらすのかは、僕は楽しみに見てみたいと思っています。

日本航空が倒産する時代です。そしてその事にも、あまり誰も、実際の所は驚いていないように感じます。

内心で、「ああやっぱりそうだったか・・・」とわかっていた気がするのではないでしょうか?

何があっても驚くに値しないのかもしれません。

「漫画家になるためには?」ということと結びつけて言うのなら、今、この2010年の時点で「漫画家になりたい(すなわちまだ漫画家になれていない)」という人なら、これらの事に無関心でいることはそれだけでほぼアウトになる、そういう状況だと思います。

昨年までに、ギリギリで漫画家になった人は、それでもギリギリセーフだったとも言えます。おめでとう。頑張ろう。

みなさんご武運を(自分も含めて)。

| 日々のこと | 23:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイムスリップ1980~2010

年末のエントリーで、懐かしい時代の少年サンデーについて書きましたら、読者さまがこのナイスな写真を撮って送って下さいました。

時すべり

入手してくださった先日発売の「Dust to Dust」を添えて、読者さんがお持ちの、当時の少年サンデーとともに記念写真、です。
当時の雑誌を大切に取っておいでで、この写真を撮るために、段ボールから出して下さったそうです。
1980年代から2010年代へのタイムスリップ。

1冊1冊を、鮮明に覚えています。
今思い出しても、この頃が、そして例えばこの数年間の少年サンデーが日本の漫画の大きなうねりのひとつのピークだったことは間違いありません。

大好きだった本たちと、数十年の時間を経て、自分の本が同じ写真に収まっています。
夢中でこれらの少年サンデーを読んでいたあの頃の自分に、この写真を見せてあげたいです。

「真ん中の単行本は、2010年に本屋に並んでいる、キミが描いた漫画の単行本だよ」って。

あの頃、漫画が自分にしてくれたことを、自分もできるようになりたくて、漫画を描きたかったし、そして描いています。
この10年間で、自分はどれだけ出来ただろう?
これから、どれだけのことが出来るだろう?

身が気持ちよく引き締まる写真です。

お送り下さった方のお許しをいただき、アップしてみました。
Kさん、ありがとうございました。

| 日々のこと | 14:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Dust to Dust~はじめの1000マイル(2010年1月4日(月)発売)/コメント

ちゃんと売ってた!!!
ジャンプコミックス!!!!

DTD発売

ご購読よろしくお願いいたします。

発行/集英社(ジャンプコミックス)
価格/460円(税込み)
発売日/2010年1月4日(月)
dtdカバー小
アマゾンリンク↓
Dust to Dust~はじめの1000マイル (ジャンプコミックス)

| 著作/DUst to Dust~はじめの1000マイル | 13:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

賀正!

新年明けまして

元日風景

おめでとうございます。

東京は寒いですが快晴です。

松飾り

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

初詣に行った稲荷様にあった厄除けのしめ縄。

しめ縄

くぐり方が書いてありましたが、間違えると違う時代に連れていかれて戻れなさそうな気配がありました(タイムゲート)。

皆さまにとって、本年が佳き年でありますよう、・・・と祈って参りました。

| 日々のこと | 15:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。