一色登希彦/ブログ 

一色登希彦 ブログ / 三重県の小さな町に在住 現在は飲食店に従事 漫画描いてました

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」77

第13章 絶対に漫画家になれる「漫画家のなり方」教えちゃいます

とにかく1000ページの漫画を描いて下さい。
そうすれば絶対に漫画家になれます。

以上。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」76

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その33 仕事場を辞めること あ、それから、お金ありますか?

「アシスタントの章」、これにて最後の項です。

仕事場を、生きて出るべきです。漫画家として独立の時期が訪れたから辞めるか、漫画家になることを諦めて、別の生きる道を見つけたか。
あるいは道を見つけるために辞めるか。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」75

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その32 少し余談 今だからこう書ける 許してあげて欲しい「漫画家の挙動不審」あれこれ

長い年月、プロを続けている漫画家さんは、概してしっかりしたひとが多い、というのが、自分の意見です。

それでもやはり、身とココロを削る、ずいぶん無茶な毎日を送ることもあって、
「冗談か?」
と思える挙動不審、おぼつかない言動、理不尽すれすれ、が、多々あります。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」74

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その31 いま描いている漫画やネームは そのまま雑誌に載って 他の作品と渡り合えますか?

今、描いている、ネームや原稿。
色々と考えながら、試行錯誤しながら、描いていることでしょう。
また、様々な人の助言や意見が盛り込まれているかと想像します。

読者さんにとっては、出来がよければ、成り立ちは二の次です。

今描いている漫画は、雑誌に載ることをイメージして描いていますか?

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:44 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」73

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その30 いま 「どうぞ連載を」と言われたら 自分自身のようなスタッフに手伝ってもらって 月に1本 週に1本 漫画原稿を仕上げられますか?

イメージ出来ますか?

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 07:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ジュブナイル」・・・のもうちょっと低年齢?

以前、仕事を手伝って下さっていた高田桂さんが、
児童文学(になるのかな?)の挿し絵を描かれ、
商業イラストレーターデビューをされました(という言い方でいいのかな?)。

おめでとうございます。

本が発売になっています。



本の現物をいただいたのですが、なんというか、漫画の時とはまた別の、
「ストーリーにドンピシャはまったステキな画」に
なっているのですよ。 上手い!すごい!

良い意味で、ちょっと、驚きました。

対象年齢のこともあり、すべての皆さまにそのままおすすめ、という
わけにはいかないかも知れませんが、画像を見て下さるともう少し
大きく見れるので、よろしかったらそれをご覧になるだけでも。

「日本沈没」とかで、ココロささくれる画を散々描いてもらっていたので、
その反動が最高の形で結実した・・・と、手前勝手な良い解釈を申しておきましょう。

本になるってステキですね。

| 日々のこと | 07:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」72

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その29 漫画家の寝首を掻く(ホントに殺しちゃダメだよ)

あるとき、ある瞬間、目の前の漫画家より、強いエネルギーで漫画を描く時があります。
それが、漫画家として独立して、プロになる数少ないチャンスです。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」71

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その28 漫画家の重力 人の仕事場の引力

プロの漫画家には重力があります。その精神力や影響力の強さと縛りは、見えにくいことも含めて、地球の持つ引力のようなものです。

同じように、そのプロの仕事場自体の重力もまた、見えにくいけれども強大なものです。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」70

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その27 「プロのアシスタント」について

漫画家さんの仕事場には、漫画家になることを断念した、あるいは最初から漫画家になることを考えずに作画アシスタントに従事する、そういうアシスタントさんもいます。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」69

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その26 アシスタント仲間を戦友にする 孤立してはならない

人と漫画を見せあい、的確でなくても、批評をし合う必要はあります。
藤本君と安孫子君のように。

しかし、多くの漫画家志望者が、目の前の漫画家さんや、アシスタント仲間などに、あまり自分のネームを見せないことに、ときどき驚きます。

新人の時期に、担当編集者以外に誰にも自分の漫画を見せることなく、どうやって漫画を磨いていくのでしょうか?

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」68

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その25 アシスタント仲間をライバルにしない 仮想敵は少し高めに設定する

もちろん、身近な存在をライバルにしてもよいのですが。
でもそれで井の中のカワズになるくらいなら、仮想敵を大きく設定すると良いです。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 09:17 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」67

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その24 目くそ鼻くそ同士でギスギスしない

人間として、目くそ鼻くそであるなどと申し上げるつもりはないですが、漫画家になりたいのにまだ漫画家でないのだとしたら、漫画家としては、今の立場は不本意な状態で、まあ、目くそ鼻くそです。
自分もそうでした。目くそ鼻くそなのに自意識は高いから始末が悪いのですよね。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 09:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

村上春樹さんのインタビュー

なににつけ、作品そのもの以外にはあまり興味を
持たないのですが、「作者の言葉そのもの」は例外的に
興味があります。

本日の読売新聞に、村上春樹さんのインタビュー。
夕刊が入るまでに、まだ、コンビニかキオスクにはあるかもしれませんよ!

春樹@読売

| 日々のこと | 14:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」66

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その23 アシスタント時代に太ったりやせたり眠れなくなったり腰痛になったり 心や体を悪くしている場合ではないです

暴論ですが、アシスタントの分際で太っている場合ではないです。
やせ過ぎも同じく。

ハゲは仕方がない。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 09:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」65

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その22 死なない程度に、たくさん恥をかき、傷付いていい 

本当にそれで 死にもの狂いか?

まだ自信の持てない漫画、あるいは逆に、無根拠に自信たっぷりの漫画を編集者に見せ、あるいは仕事場でお世話になっている漫画家さんに見せ、友人知人に見せ、絶賛されないわけですからまあ落ち込みます。

さらに仕事で失敗して怒られて落ち込みます。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 09:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」64

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その21 幸せそうな人を 「幸せそうでいいよね」と思う想像力の欠如と決別する

地下でクスリを混ぜ合わせるばかりの日々。

ニコニコしている人がまぶしく見えたりします。
上手くやっている人をうらやましく感じたりします。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 09:03 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」63

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その20 テレビが「表現媒体」ではなく「広告」であることについて

お金の発生しないやり取りはおかしい、という話は、第7章での「こんな人は漫画家になれない」という項で書きました。

タダで見れるという点において、テレビは変です。疑ったほうがいい。
テレビは、表現媒体ではなく、広告です。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」62

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その19 編集者/雑誌/読み手をバカにした時点で、バカは自分です

好きな漫画家さんの漫画が、その雑誌にきっと載っていますよね?ということは、自分がバカにした編集者が、その漫画家さんとはナイスな仕事をして、面白い漫画を載せている、ということです。
ならば、この場合、バカなのは自分です。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」61

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その18 自己卑下のワナに気をつける(小さく見せてもしかたない)

自分を大きく見せてもしかたないですが、それ以上に、自分を小さく見せることをしてはなりません。
自己卑下のココロは、何も生み出さないだけならまだよいですが、あらゆる良い「可能性」さえゴボゴボと飲み込んでしまうブラックホールです。

それが「謙虚」のつもりでも、
「自分なんか」と言ってはいけません。周りの人に「そういう事を言うお前なんか・・・」と思わせてしまいます。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」60

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その17 自分を大きく見せてもしかたない(尊大さのワナに気をつける)

なりたいものがあるのに、まだそれになれていないこの時期、うっかりすると自分を大きく見せるようなこともしてしまうかもしれません。
自分を大きく見せるようなことを言ってしまうかもしれません。

しゃべっているうちに気持ちよくなって、エラそうなことを言ってしまったりとかね。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」59

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その16 否定の言葉でしゃべらない タメ息などつかない しゃべりすぎて気持ちよくなっちゃったらいけない

「否定の言葉を使わない」って、かなり難しいです。

唐突ですが「ダ行」のコトバはよろしくないです(なんでだろ?)。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:41 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「モーティヴ/機械仕掛けの神サマ編」完結御礼/3巻発売

本日発売の少年画報社「ヤングキング」13号にて、
「モーティヴ/機械仕掛けの神サマ編」完結と相成りました。
ありがとうございました。

最終回の作中に使わせていただいた歌は、忌野清志郎さん 矢野顕子さんの唄う
「ひとつだけ」です。
歌詞が、矢野顕子さんオリジナルから、清志郎アレンジの、「男の子のコトバ」に
なっていて、素晴らしいのです。

「キミの心の 黒い扉・・・」

よろしかったら聞いてみて下さい。





そして、本エピソード前半部を収録の単行本第3巻も
本日発売です。
加筆修正し、1冊の流れで読みやすいようにしました。
ごひいきに。



「画像はありません」 さびしいな!

後半収録の第4巻は、7月27日発売です。

| 著作/告知 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」58

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その15 代案を出せて初めて「批判」と言える

プロの描いている漫画を読んで、「この漫画 つまんない」って思っていいし、言っていいです。

ただ、それは、それだけでは「感想」です。

その、本来無責任な「感想」を表明することが「批判」だと考えてしまう安易さの罠が、マスなコミュニケーションや個人的なコミュニケーションの中にあふれています。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」57

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その14「引き出しを増やす」のウソ 脳の「インプット」と「アウトプット」について

趣味多く、色々なものを見に行き、聞きに行き、集め、色々なことをしている人が言う、「引き出しを増やす」という言葉がありますが、真っ当に見えて、180度反対のウソが含まれています。

それらを、漫画を描くことの「刺激」という「インプット」だと思っているなら、そこにワナがあることに気付いて下さい。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:33 | comments(-) | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」56

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その13 漫画家は、ホームを通過する特急電車 アシスタントはホームに立つ人

自分がアシスタントをしていた頃、漫画家さんの驚異的な仕事量を見ていて、「なんであんな速さで毎日毎日漫画を描けているのだろう」とずうっと思っていた時期がありました。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」55

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その12 月に2本以上ネームを描いてください

・・・と、自分はスタッフさんに課しています。
過酷な課題だとも自覚している反面、「それが出来ない人が漫画家になれるわけがない」とやはり自分は考えます。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:03 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」54

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その11 仕事の合間は「お休み」ではないです 漫画を描く 描く準備をする

アシスタント仕事の合間の日々は「お休み」ではないです。漫画家さんは、それを「お休み」と言ってくれてしまいますが、違います。
間違えないように。
「自分の時間の始まり」です。

その時間に、漫画家さんがやっているであろう仕事以上の作業をしないと、今いる仕事場を漫画家として出てゆくことは出来ません。


←前の項を読む続きの項を読む→

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」53

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その10 人の漫画の手伝いをして、漫画を描いた気にならないようにする

疲れます。アシスタント仕事をして仕事が終わって帰る時には。
恐ろしいことに、脳が、「疲れた。なんだか漫画をたくさん描いた気がする。休もう」と判断してしまうのです。
漫画なんて描いてないですよ!!
やったのは、他人の漫画のお手伝いです。

帰ったら、自分の漫画をちゃんと描いて下さい。


←前の項を読む続きの項を読む→

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家のなり方」52

第12章 アシスタントの日々になすべきことについて

   その9 自分の不満の表明のためにふてくされてはならない

悪口・愚痴を形にすると、気付かぬうちに実は自分自身がものすごく疲れます。

タメ息をついたり舌打ちをすることをクセにしていると、「悪循環の出発点」を自分自身が引き受けているようなものです。

≫ Read More

| 長期シリーズ/「漫画家のなり方」 | 08:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。