一色登希彦/ブログ 

一色登希彦 ブログ / 三重県の小さな町に在住 現在は飲食店に従事 漫画描いてました

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「3.11以後に通用する物語」。

 「誰もが話を聞いてほしがっている」…その意味

過日、興味深い話を妻から聞いた。

伝え聞きなのでニュアンスは変化しているかもしれないけれど、妻から聞いたその話
「石巻に行ってきた担当編集さんが話してくれたこと」
の断片は印象的だった。

編集さんがおっしゃること。
「石巻。被災地現地の人たちは、誰もが「話を聞いてほしがっている」ように感じた。実際に話を聞くと、話し始めてほどなく泣き出してしまうお婆ちゃんもいて・・・」

≫ Read More

スポンサーサイト

| 漫画のこと | 14:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

反論求む→「もう誰も漫画家を育てない」

仕事を始めてしまうと正月の感じが吹き飛びますね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今、描き始めている漫画は、自分が漫画家志望/漫画家デビューという時期を過ごしていた10数年前~そしてそれ以前を思い起こす作業を伴うものです。
当時を思い起こし、そして今に思いを致して、漫画と漫画家を取り巻く状況を思うと、愕然とします。

中でも、もう誰も漫画家を育てる気がなくなっているのではないか、ということを強く思います。

≫ Read More

| 漫画のこと | 21:04 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「非実在」が懐かしい

承前)東京都青少年健全育成条例関連の諸々

春の、1度目の騒ぎの際に、徳間書店さんから出た本に、自分もアンケート回答の形で寄稿させていただいています。



自分がそこに寄稿した文章を引用しつつ、連ねます。

≫ Read More

| 漫画のこと | 01:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「漫画家の仕事なんて間もなくどこでも出来るようになるんじゃないか仮説」

そんなわけで、ちょっとの間、三重県の港町に、創作滞在と小中学生のみなさん対象の「漫画の教室」をさせてもらいに、出かけてきます。これね

僕は常々妄想してるのですが、「漫画だってそのうち世界中どこでも描けるんじゃないかな?」という考えに自分を馴らしに行く旅でもあります。

≫ Read More

| 漫画のこと | 04:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

政治には政治の言語/東京都条例改正案「非実在青少年」規制問題 みっつめ

東京都条例改正案「非実在青少年」規制問題に関して引き続き。

承前→例えばこちらこちらなるほどと思うお考え

もし、状況検証して見極めた上で、政治的な事柄に関わるならば、使い慣れなくても政治の「コトバ」を使う必要があるのだと思います。

漫画を描きたいって時に、僕も、まったくもってこんなことにわずらわされたくないです。よりによって政治的なものごとだし、面倒くさいったらありゃしない。

≫ Read More

| 漫画のこと | 16:41 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京都条例改正案「非実在青少年」規制問題 ふたつめ

現実問題、漫画家は、どちらかといえば時間に余裕の無い方の職業です。

それでも降り掛かる火の粉には現実的な対応をせねばならんですよ。拙い文章でも(拙いゆえか?)作文に数時間を要します。手紙書くより、ブログに意見を上げて、少しでも広がる可能性を選んだ。自分は。あと知らせるべき知人には知らせた。

何度も同じ意見を書き直すほどのヒマは無い。要点は前提して、この上は「自分に近い、自分よりも真っ当なコトバ」を探してリンクして、それがまた広まり直すのを期待する方が佳しと思います。

都条例改正案「非実在青少年」規制問題は、自分の意見をブログアップ後に冷静に見回しても、「あのニュースは冗談だったんですよ」とオチが付く気配がありません。

竹熊健太郎さんがブログで、『「イメージを取り締まる」という前代未聞の条文』という表現をされているままの、冗談のような「法律」が本当に通ろうとしているように見えます。あとになって、「あの時あんなデマに振り回されてあたふたしおってバカめ」ということになるならホントにそれなら有り難いですから、僕はあたふた文章を書き留めておきます。

「非実在青少年」規制問題に関して、この言葉で検索しても、常識的なオトナに伝わる冷静な言葉で書かれている文章に当たる率が低いように感じます。つまりネットでネットの言葉で騒がれている以上には、世論形成に真っ当に向かう気配や、現状本当に有効な対応のひとつであろうと思われる「都議会議員に(冷静で真っ当な)手紙を送る」というアクションに繋がっているのかわからない。

今回に関しては、悪い現実に対して悪い冗談を140文字で編み込んで終わらせていたら、現実の方が勝ってしまいやしないか。

140文字のつぶやきあいは、情勢把握と合意形成の下準備のツールとしてはこの上なく便利な事もわかった(すごいと思う。導いてくれ、すごさを教えてくれて感謝してる)。

けれど、それはその後に「行動」があることを前提にしていると思う。つぶやくためのつぶやきに収斂してしまうなら、事件の起きている会議室の方で権限直結したオッさんやオバさんに「あいつらネットで気持ち悪い」とひとからげに言われてそれでお終いにされてしまいそうな気がする。

エネルギーの無駄だ。今回はそこを避けて、最大効率を目指して、それでも間に合うのかどうか、だと思う。

口の悪さと行儀の悪さの出しどころは少し脇に置いて、現実対応可能なしゃべり方でことに当たってみませんか?

「非実在青少年」問題、今、目についたところでしっかり書かれている意見、

竹熊健太郎さんのブログ(後半は藤本由香里さんの文章の引用。有用です)

佐藤秀峰さんの意見

小田嶋隆さんのコラム

漫画家うめさんのブログ

とにかくまず「何が起きているか」(知るべきなのに)まだ知らない人がいる。まず起きている事を知って欲しい。

その上で、考えて、行動。もー阿呆みたいな原則論連ねてて阿呆みたい。

思想信条表現の自由がこれだけあっけらかんと脅かされるようなことが、これは僕がいままで知らないだけで、こんな程度のことはいくらでもあるものなのでしょうか?

この一件、実はみんながデマに騙されてるってオチなら、もーいくらでも赤っ恥かくよ。


ひとつ前のエントリー↓
東京都条例改正案「非実在青少年」規制問題ひとつめ

| 漫画のこと | 10:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京都条例改正案「非実在青少年」規制問題

「妄想」は、人に備わっている自由です。当たり前すぎて文にするのも馬鹿馬鹿しいけれど。

「非実在青少年」の性表現を規制する

よく、この言い回し(設定?世界観?)を考えたものだなあ、と感心している場合でもなさそうですね。

『「他者の妄想」に現実権力で干渉してみたいという妄想』ごときにもう・・・

冗談でも、アニメの設定のハナシでもないから始末悪し。

東京都条例の改正がなされようとしています。


わりとフェアな概要は、下記のいくつかを読んでいただければだいたい分かると思います。

「非実在青少年」規制問題・対策まとめ


東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト


漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に 東京都の青少年育成条例改正案


こんなことに煩わされたくないのになあ・・・と言っているとしばしば本当にとんでもないことが世に出てしまいます。ので、書いて、可能な表明をしておく必要がありましょう。

これは、
『「他者の妄想」に現実権力で干渉できるという妄想』を具現しようとしている人がいる

ということです。

≫ Read More

| 漫画のこと | 01:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自動車売れない/プリウス売れる



プリウスやインサイト(や、その他のアレ)以外に、

「車買うの、カッコいい」「車、なんとしても欲しい」と
思いつつ、車買うヒト、1年前と比べて、

どれくらいいるのだろう?

だれか、今でも、「(目的なくても)車持ってなきゃいけない」気がしてるヒト、
いますか?

この世の「地軸」は、
間違いなく変動したはず。

それは、「車」だけではない。

「自動車」は、象徴に過ぎない。

| 漫画のこと | 02:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご紹介の本(その他) どうですか?

「漫画家のなり方」でご紹介したおすすめの本こちらとかも)が、予想を超えて好評チェックいただいていて、お買い求めになった方もたくさんいらっしゃって、僕がお礼を言うのも変ですが、どうもありがとうございます。

誰かに、何かを紹介して、多く興味を持って、さらに入手していただくなんて、嬉しいです。

実際に手に入れられた方からのご感想もいただきましたが、みなさん、どうですか?

気が向かれましたら、ご感想や、「こんな文献もあるが、どうだ?」といったご紹介などいただけると、また色々広がって、楽しいです。

もし気に入っていただけたら(あるいは気に入らなかったら、でも)、他に、アマゾン等のカスタマーレビューに商品評価などアップしていただけると、情報精度があがり、他の方の参考にもなって、良いと思います。

品薄のセカンドハンド品に高値がつくのは、しかたがないですが、つまらないですね。

| 漫画のこと | 13:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。